サブカル系のまとめサイト。アニメ・漫画・ゲームの感想やネタバレ考察、ニュース等を発信するよ!

ドラゴンボール
ドラゴンボール超 23:Amazon商品ページへ飛びます
原作:鳥山明 作画:とよたろう 出版:集英社

1: 名無しさん
ドラゴンボール全巻読み終わったんだけど
めちゃくちゃ面白いじゃんこの漫画

27: 名無しさん
>>1
フリーザの兄クウラとかブ口リーとか映画もいいぞ
絶対見るべき!

2: 名無しさん
令和生まれか?

5: 名無しさん
>>2
平成8年生まれの26歳

14: 名無しさん
>>5
同い年ーー
完全版だとラストシーン違うよ

3: 名無しさん
ドラゴボよんだことないは😢

11: 名無しさん
>>3
友達におんなじこといわれてついに読んだわ 普通に食わず嫌いだった

4: 名無しさん
ストーリーはそうでもないけどバトルが見やすいのが凄い

13: 名無しさん
>>4
わかる ストーリーは単純だけど要所要所で死ぬほど興奮するとこ出てくるからそこがよかった
最近ワンピース読んでたからか分からんけど絵がありえないくらい見易かった

6: 名無しさん
初めて読んだの?語ろーぜ

7: 名無しさん
面白いけど特にメッセージ性とかは無い
面白ければそれでいいを地で行った作品

1000: オススメの人気記事

8: 名無しさん
なんだかんだで原作は神
続編は、見ない方がいい

9: 名無しさん
30代だけどドラゴンボールGTと超は認めないよ

19: 名無しさん
>>9
アニメだと超が1番

10: 名無しさん
11年連載の42巻しか巻数出てないのに、連載終了して30年近くになるのにまだまだ人気なのはモンスター漫画なのよ

15: 名無しさん
サイヤ人来襲以降のワクワク感は異常
そりゃ人気出るわ

17: 名無しさん
超って鳥山が本当に考えてるの?小学生より酷い漫画だ

18: 名無しさん
は?
GTまできっちり見ろよ

20: 名無しさん
ミスターサタンは間違いなく作者のお気に入り
サタンが銃乱射してる悪人倒したところは最高にグッとくる

21: 名無しさん
超アニメはそこそこだけど漫画は酷い

23: 名無しさん
>>21
そうだな

22: 名無しさん
超は悟空がアホになってるから嫌い

24: 名無しさん
ドラゴンボールならいくらでも語れる自信ある

25: 名無しさん
超見たことないけど亀仙人がフリーザレベルになってるとかマジなん?

28: 名無しさん
>>25
戦闘力なんて強さには関係無いとか言い出してるよ

26: 名無しさん
漫画てどこで終わってんの?セル?

30: 名無しさん
>>26
ブウ倒して何年か経ってパンが5歳くらいのとこまで

29: 名無しさん
セルあたりで悟空のもう強いやつと戦うのは疲れてる感すごい

32: 名無しさん
後半より初期のボール集めるだけの話の方が好き

33: 名無しさん
漫画の最終話って「バイバイドラゴンワールド」だっけ、Zのアニメとごっちゃになる

34: 名無しさん
ラストのウーブとか要らねえよ

35: 名無しさん
>>34
今度生まれ変わったら良い奴にってやつ回収したかったんじゃね
イマイチだったけど

37: 名無しさん
映画も見ようぜ

38: 名無しさん
おれもドラゴボよんだことないは

39: 名無しさん
単純なシナリオも当時としては斬新だったしな
もう40年前になるんだぜ

40: 名無しさん
フリーザ編以降は主人公サイドの舐めプによって成り立ってるからつまらん

41: 名無しさん
友情努力勝利のお手本・看板みたいな漫画だったからな
ドラゴンボールスーパーとかは子供向けだから残酷なシーンは抜いてあるけど
無印でクリリンがピッコロの手下にコロされたときが一番衝撃的だった

1000: オススメの人気記事

引用元:2ch.sc

おすすめサイトの人気記事

この記事のコメント

コメント一覧

    • 1. アニはつの名無しさん
    • 2024年05月20日 15:30 
    • 正直映画に関して言えば超貶してまで旧ブロリー勧めるような奴は老害かただのニコ動おじ
      あんなのは東映まんがまつりの一枠でしかない凡作
    • 2. アニはつの名無しさん
    • 2024年05月21日 05:36 
    • ドラゴボとか、ないはとか、頭悪すぎんだろ
    • 3. アニはつの名無しさん
    • 2024年05月21日 11:29 
    • メッセージ性とか言い出す奴ほど何もわかってないよなw

コメントの投稿

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ