サブカル系のまとめサイト。アニメ・漫画・ゲームの感想やネタバレ考察、ニュース等を発信するよ!

進撃
進撃の巨人(34) (講談社コミックス):Amazon商品ページへ飛びます
著者:諫山創(別冊少年マガジン/講談社)

1: 名無しさん
なに? 

2: 名無しさん
ハゲだから

3: 名無しさん
なんとかかんとか陣形を編み出せなかったから

4: 名無しさん
団長じゃなくて戦闘部門とかの長になってれば天下取れてただろ

20: 名無しさん
>>4
でもそれやと104期生を育てられなかったんだが?

55: 名無しさん
>>20
兼任しろ

5: 名無しさん
エルヴィンが同期にいなかった

6: 名無しさん
恋愛もなんの成果も得られませんでした

7: 名無しさん
自分は選ばれしものだと勘違いしたからや

8: 名無しさん
エルヴィンを重用しなかったから

9: 名無しさん
エルヴィンがいなかったらリヴァイもこんなもんだった現実

1000: オススメの人気記事

10: 名無しさん
エレンにいじわるしたから

11: 名無しさん
選ばれしものじゃないのに平気で帰宅してくるのなんなんん

14: 名無しさん
脳が破壊されてるから

15: 名無しさん
エルヴィンの助言聞かなかったからや

16: 名無しさん
脳筋

18: 名無しさん
何も成果得られなかったけど割と最後まで生き残ってたあたり生存力高いんやろな

19: 名無しさん
在庫処分みたいに消されてかわいそう

22: 名無しさん
戦闘力は作中最強やぞ

23: 名無しさん
ただの傍観者に過ぎないから

27: 名無しさん
言うてこいつおらんかったら調査兵団潰れてたかもやしようやっとる

28: 名無しさん
突っ込む割に生きて帰る猛者だから

30: 名無しさん
カルラに暴言吐いたから

44: 名無しさん
>>30
あれはアカンよな

168: 名無しさん
>>30
凡人とか言って八つ当たりしだしたのはあかんわ

343: 名無しさん
>>30
他人にとられた途端その女にキツくなってしまうのはリアルや

32: 名無しさん
ハゲに侮辱されて怒らないカルラ聖人すぎる

52: 名無しさん
>>32
嫉妬運命
勝者の余裕やろ

34: 名無しさん
ただ強いだけのハゲ

35: 名無しさん
グリシャとかいう関わる人間全てを不幸にする厄病神

38: 名無しさん
自分の身を守るのは得意

39: 名無しさん
エレンってカルラ似だよな
母親が美人だからあんなイケメンになったんやなあ

59: 名無しさん
>>39
あの異常性も母親譲り?

41: 名無しさん
自分が連れてきた男に取られたからエレンママバチクソディスるのみっともなくてすき

45: 名無しさん
逃げちゃだめだ

46: 名無しさん
脳が破壊されてついでに髪も持ってかれた悲しきモンスター

49: 名無しさん
素質が無かったからね

51: 名無しさん
教官なんてやってる暇ないだろ
ミケの代わりに戦えよ

62: 名無しさん
むしろなんでこんな強いのか謎

80: 名無しさん
>>62
あれだけ無謀な戦いを続けて生き延びていけるのは凄いわ
なんであんなに強いんやろな

72: 名無しさん
名前はめちゃくちゃかっこいい

74: 名無しさん
仮に調査兵団に残っててもほぼ間違いなくシガンシナ決戦まででタヒんでたよな
投石がチートすぎる

99: 名無しさん
>>74
リバイが左側からシャーディスが右側からジーク攻めて倒すぞ

87: 名無しさん
ミケとキースどっちが強いんやろな

111: 名無しさん
>>87
生涯無敗のキースちゃうか

89: 名無しさん
シャーディス「とりあえず巨人にぶつかったら各個撃破や!ワイもできるしそれくらいみんなできるやろなあ…」

100: 名無しさん
当時は巨人1体倒すのに並の兵士30人が犠牲になってたという事実

128: 名無しさん
>>100
今や無垢巨人(元憲兵)なんかは雷槍でサクサクやからな

154: 名無しさん
>>128
雷槍チート兵器だよな

106: 名無しさん
オマケみたいにマガトと一緒に処分されて悲しい

117: 名無しさん
>>106
雑に処理されたよな

133: 名無しさん
>>117
タヒに際としてはカッコよかったから良いやろ
ハンジよりいいタヒに方してるわ

158: 名無しさん
>>133
ハンジはそもそもどんなタヒに方しようが株がドン底まで落ちてたから

1000: オススメの人気記事

引用元:2ch.sc

おすすめサイトの人気記事

コメントの投稿

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ