サブカル系のまとめサイト。アニメ・漫画・ゲームの感想やネタバレ考察、ニュース等を発信するよ!

なると
NARUTOギャルズ NARUTO‐ナルト‐疾風伝 日向ヒナタ 約200mm 完成品フィギュア
制作:メガハウス 原作:岸本斉史(週刊少年ジャンプ/集英社)

1: 7月15日(木)
6千億枚はヤバくないか?
億
引用:『NARUTO』 著者:岸本斉史(週刊少年ジャンプ/集英社)

2: 7月15日(木)
がんばって印刷したんでしょ

3: 7月15日(木)
たぶん手書きだよなあれ

4: 7月15日(木)
ちょっと盛りすぎたよな

6: 7月15日(木)
自分で描いたんだと想像してた

7: 7月15日(木)
描いてる途中に爆発しないの

8: 7月15日(木)
爆って描いて丸と線だけで良いから自作は簡単だろうけど
6000億はキツすぎる

9: 7月15日(木)
ホントは6万枚だけどね

11: 7月15日(木)
工場で量産してる

12: 7月15日(木)
1秒に1枚書くとしても2万年かかってワロタ

13: 7月15日(木)
ほぼって?

1000: オススメの人気記事

15: 7月15日(木)
>>13
それ以外はコナン自身の紙だろ

16: 7月15日(木)
1枚1円の超破格だったらしい

17: 7月15日(木)
あいつプリンター使ってたぞ

19: 7月15日(木)
てか起爆札そんな簡単に作れる割に威力あるしペラいしめちゃくちゃ危険だな
だいたい爆発の直前に気付いて回避だし

5: 7月15日(木)
卑劣様「札が札口寄せすれば良くね?」

18: 7月15日(木)
卑劣様の影分身が描き続けている
影分身が禁術の理由は起爆札が量産できてしまうから

20: 7月15日(木)
卑劣スペシャルの威力を見るにわざわざ尾獣兵器なんか作らなくても起爆札みっしり詰まった爆弾とかでいいよな

22: 7月15日(木)
>>20
卑劣スペシャルなんて普通は思いつかないし思いついても普通はやらないし

23: 7月15日(木)
小南は一人で挑まずにナルト達と組めば強そうなのにな
結局輪廻眼も取られるし

24: 7月15日(木)
10分間オビトは異空間でナニをしていたのか

25: 7月15日(木)
ナルトみたいに多重影分身して作ったんだろ

26: 7月15日(木)
弊社なら年内に納入可能です

1000: オススメの人気記事

引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1626360142/

おすすめサイトの人気記事

この記事のコメント

コメント一覧

    • 1. アニはつの名無しさん
    • 2021年07月21日 11:51 
    • これリアル世界で
      例えば6000億の手榴弾を一斉に起爆みたいなことしたらどうなるんだろう?
      地軸が歪んだりするかな?
    • 2. アニはつの名無しさん
    • 2021年07月21日 13:00 
    • チャクラで作ったんやろうなぁ
      バララララ!!って一度に数百枚単位で量産し続けたんだろう
    • 3. アニはつの名無しさん
    • 2021年07月21日 13:10 
    • 得意な紙の忍術を応用したんでしょ
      手裏剣影分身の術みたいに紙を増やす術
    • 4. アニはつの名無しさん
    • 2021年07月21日 15:14 
    • 1枚1円でも6千億円かかるぞww
    • 5. アニはつの名無しさん
    • 2021年07月21日 17:56 
    • >>4
      財布役の角都が優秀だった可能性が微レ存
    • 6. アニはつの名無しさん
    • 2021年07月21日 21:11 
    • …つまり影分身を使って起爆札の製造を二人で行えば製造量は単純に二倍って事になるだろ
      つまり一人で二万年かかる製造は二人なら一万年で出来てしまうし千人なら二十年でいい
    • 7. アニはつの名無しさん
    • 2021年07月22日 10:02 
    • 起爆札産業で雨隠れ産業革命起こしてそう
    • 8. アニはつの名無しさん
    • 2021年07月22日 14:43 
    • >>2
      普通にそうなるよな
      元スレは折り紙の術という紙を操る術がありながら手書き推奨なんてな
      その日の体力(チャクラ)が続く限り行う内職やで

コメントの投稿

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ