サブカル系のまとめサイト。アニメ・漫画・ゲームの感想やネタバレ考察、ニュース等を発信するよ!

ひぐらしのなく頃に
アニメ「ひぐらしのなく頃に」コンプリートBD-BOX 2006-2012 [Blu-ray]:Amazon商品ページへ飛びます
原作:竜騎士07/07th Expansion アニメーション制作:スタジオディーン

1: 11月21日(土)
ひぐらし制作陣「クソまみれにしてコロしてやるんだァ」ニチャア



こいつら梨花ちゃまになんの恨みがあるねん

2: 11月21日(土)
ほんま可哀想やろ…

5: 11月21日(土)
なんでや

7: 11月21日(土)
ブリブ梨花

9: 11月21日(土)
便槽に沈んだんやからクソ塗れや

11: 11月21日(土)
ほんま可哀想

15: 11月21日(土)
圭一に八つ当たりしただけなのになんでこんな目にあわせるのか

23: 11月21日(土)
勝ち目ないからって捨てゲーするからや

33: 11月21日(土)
ダイイチ「リーチ演出に使うで!」

34: 11月21日(土)
ニチャッてるのは梨花ちゃんなんだよなぁ…

38: 11月21日(土)
あうあう「あうあう梨花がもう諦めてるのです!おしおきするのです!」→便槽にポイッ

てマジ?

1000: オススメの人気記事

39: 11月21日(土)
魅音発症したんか?
それとも素でコロしまくったんか?

44: 11月21日(土)
歴代の竜騎士作品の中でもぶっちぎりで酷いタヒに方やろ

54: 11月21日(土)
違う展開なんやな
ただの作り直しやと思って見てなかった

56: 11月21日(土)
クソまみれの最期の記憶を永遠に持ち続けなきゃいけないとか前世でどんな罪を負ってたらそんな仕打ちされるねん
つか毎回思い出した瞬間にL5発動やろこんなん

57: 11月21日(土)
昭和設定を生かすクリエイターの鏡

61: 11月21日(土)
今期覇権って正直ひぐらしだよな
やっぱひぐらし面白い

64: 11月21日(土)
声優の声に完全に慣れて来た
富竹だけまだ違和感あるけど

66: 11月21日(土)
梨花ちゃん歳を重ねるごとに馬鹿にされてない?

71: 11月21日(土)
>>66
別に脳の大きさは成長せんからな
ループしたちょっと頭のいいのび太みたいなもんだ

78: 11月21日(土)
>>71
のび太も無人島で数十年生活してたのに結局成長してないからな
梨花ちゃんも似たようなもんや

79: 11月21日(土)
実ぃ~

96: 11月21日(土)
便所に中から鍵かかってたんやろ?
密室やし足踏み外して溺れタヒんだんやなって

106: 11月21日(土)
てか沙都子がなんかあれやな

108: 11月21日(土)
ひぐらしってシュタゲみたいなループものだったんか

138: 11月21日(土)
沙都子ループだったら梨花並みに無能だわ

まず梨花に話せよと

152: 11月21日(土)
梨花ちゃまってピークって暇潰し?罪滅ぼし?

181: 11月21日(土)
>>152
東京に帰れって言った辺りだろうなぁ

155: 11月21日(土)
なんでわざわざクソのとこ入れるんや?
埋めたほうよくない?

165: 11月21日(土)
>>155
穴掘って人埋めるって時間かかるしな
人一人肥溜めにぶちこむのは簡単なのかと言われたら困るけど

161: 11月21日(土)
今回の梨花ちゃまは旧作の記憶を持ってるだけでループしてない説

1000: オススメの人気記事

引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1605920175/

おすすめサイトの人気記事

この記事のコメント

コメント一覧

    • 1. アニはつの名無しさん
    • 2020年11月25日 19:17 
    • 土に埋めたら匂いで犬や熊、猪が掘り起こすけど肥溜めならその心配はないからな
      上からどんどん積まれるし都市開発で囲う
    • 2. アニはつの名無しさん
    • 2020年11月25日 22:54 
    • 作者の性癖だろ
    • 3. アニはつの名無しさん
    • 2020年11月26日 02:34 
    • >歴代の竜騎士作品の中でもぶっちぎりで酷い
      信者しか知らんマイナー作品だけど便槽に突っ込まれた上にもっと酷い設定付与されたヒロインが遙か昔にいるんだよなあ……… これはハゲの性癖だわ

コメントの投稿

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ