サブカル系のファンブログ。アニメ・漫画・ゲームの感想やニュース等をまとめています。最新話のネタバレ情報あり

【ゴールデンカムイ(golden kamuy)】212話感想
※当ブログは感想まとめサイトです、マンガ本編の会話や画像は公開しておりません。
最新話の感想記事は雑誌発売日以降に投稿しております。

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ 第一巻<初回限定版> [Blu-ray]:Amazon商品ページへ飛びます
原作:野田サトル(週刊ヤングジャンプ/集英社) アニメーション制作:ジェノスタジオ

562: 2019年9月12日(木)
宇佐美さん顔が大変な事になってるやん

564: 2019年9月12日(木)
ゲンジロちゃんも言ってたけどフチ達の事とか考えないのかよー

566: 2019年9月12日(木)
バーサーカー状態で誰が誰やらわからなくなってたんだろうけど鯉登刺さなくてもよかったんじゃね
ってか月島が声かけなけりゃ避けられたんじゃね
あと素直に聞いてくれてのにってやっぱ鯉登のあれは演技で茶番なんだろうな

567: 2019年9月12日(木)
これは近づいた鯉登が悪いw

570: 2019年9月12日(木)
あれだけなんだかんだ仲良く旅してたのにお互いの躊躇のなさよ

571: 2019年9月12日(木)
ほんと谷垣からしたら何のために樺太まで来たんだってなるよな
てか白石はどうした

572: 2019年9月12日(木)
家まで送るよ
→鶴見はフチの村を把握しているから逃げたら戻れない
どうやって送るの?37564ってこと?

573: 2019年9月12日(木)
昨日は素直に聞いてくれたのに…って
やはり鶴見中尉すご~~~~~い!!は演技だったんだな…

574: 2019年9月12日(木)
杉元…もうパワー系のアレそのものやんけ…

575: 2019年9月12日(木)
フチ達の事考える余裕無さそうだな
アシリパさんはキロが自分達を連れてきた(舟)ルートで北海道に帰るつもりだろうか?

576: 2019年9月12日(木)
躊躇なく刺すとは容赦ないな

1000: オススメの人気記事

579: 2019年9月12日(木)
刺されたところは心臓からずれてそうだけどどうなんだこれ。

581: 2019年9月12日(木)
どうでもいいことだけどサトル先生頬に刃物貫通する描写好きなんだろうか

584: 2019年9月12日(木)
杉元が撃たれた箇所も鯉登が刺された箇所も急所じゃないな大丈夫

586: 2019年9月12日(木)
心臓のちょっと上あたりか?
人体に詳しいニシパおしえて!

587: 2019年9月12日(木)
心臓は思ってるほど左にない

591: 2019年9月12日(木)
しゃべれているから肺じゃないと思いたいが

592: 2019年9月12日(木)
アシリパはこの修羅場を招いたのは自分だってちゃんと自覚してんのかね?

596: 2019年9月12日(木)
毒矢(自称)を撃って足止めして逃げ出したんだからそりゃあ師団も血みどろ覚悟で追いかけてくるよね…
不サツを貫くのは無理だよアシリパさあん

597: 2019年9月12日(木)
キロランケ戦で見せた闘志が微塵も感じられない鯉登
もっと焦っても良さそうなのに至極穏やかな顔で「いつも注意していたでしょう……」「昨日は素直に聞いてくれていたのに」と過去形で喋る月島

これアカンやつやんけ

598: 2019年9月12日(木)
杉元の毛が逆立つのは狩りの時の動物は体毛が逆立ってたら生きているから近づくなってアレだよな

603: 2019年9月12日(木)
なんでもホイホイ近づき過ぎなんだよ鯉登

604: 2019年9月12日(木)
鯉登は吹雪の中でなんだかんだ心配してたり
それなりに親しいつもりだったんだろ……可哀想に

605: 2019年9月12日(木)
月島も鯉登もどこか落胆してるように見えるな

606: 2019年9月12日(木)
「昨日の仲間は今日の強敵」って煽りじゃないけど先遣隊はみんな少しずつ油断してそう
月島鯉登谷垣はまさか二人が逃げると思わなかった
杉元アシリパさんは月島がまさか撃つとは思わなかった
鯉登は手負いの杉元に警戒しなかった

616: 2019年9月12日(木)
これで鯉登退場だったらアニメ3期が素直に楽しめない。バーニャ☆でもこの人主人公達に以下略ってなるわ

618: 2019年9月12日(木)
鶴見のあの目線と月島の反応が気になる
菊田にも追いかけろいわれても動かず
鯉登にも自分はいいからいわれても動かず
鶴見に気づいたものの目線合わせず鯉登の側から離れない月島に呆れてるような視線なんだろうか
月島はスルーしてんのか睨んでるのかあのコマだけじゃわからん

625: 2019年9月12日(木)
鯉登を一瞥した鶴見を見る月島の目が怖いわ…

633: 2019年9月12日(木)
月島あれは睨んでるのか
鶴見より鯉登の味方とは思えないけど、スルーした中尉に対して何を考える顔なんだろう

631: 2019年9月12日(木)
鶴見は鯉登の心が自分から離れつつあることにもう気づいちゃってるんだろうか
最後に一声「ここでしぬな!」って声をかければ通常時の鯉登なら大喜びでふんばるだろうから声をかけない理由なんて無いはずだよね
それを一瞥スルーは…

651: 2019年9月12日(木)
鶴見劇場も気になるけどモス食べたときに鯉登の純粋な面(父思いで月島にも優しい)に触れて絆されてるのかな

659: 2019年9月12日(木)
最後の月島から鶴見への視線は鯉登をスルーする鶴見への睨みというよりは鶴見劇場の観客としての視線ぽかったな
残酷で非道な鶴見に共感はできないけれどかぶりつきでの傍観者をやめられないみたいな

これまでも散々ああいう目付きの視線送ってたわそういや

668: 2019年9月12日(木)
主役2人に腹立ってどうしようもない

669: 2019年9月12日(木)
アシリパ「覚悟はいいか?私は出来てる」
くらい言ってもいいのに。自分は不サツで他人に手を汚させまくってるヒロインなんて悪女だぞ

1000: オススメの人気記事

引用元:https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7090/1567838577/

おすすめサイトの人気記事

この記事のコメント

コメント一覧

    • 1. アニはつの名無しさん
    • 2019年09月12日 07:21 
    • まあすんなり逃げさせてはくれんな
      先遣隊でドタバタしてるの好きだったんで悲しいぜ
      鯉登もある程度杉元に情が移ってたかな
      杉元も急所は避けたようだけど
      つうか鶴見のあの態度はもう鯉登を見限ったの?鯉パパまで心配になってきた
    • 2. アニはつの名無しさん
    • 2019年09月12日 20:03 
    • アシリパ逃げるあて事前に考えてたのに杉元に全く知らせてなかったのかよ
      さすがにドン引き
    • 3. アニはつの名無しさん
    • 2019年09月12日 20:38 
    • 逃走が行き当たりばったりすぎるよな
      先遣隊メンバー好きだったから今の展開悲しいわ
    • 4. アニはつの名無しさん
    • 2019年09月12日 22:21 
    • 裏切れないけど駒になりたくないなら戦ったように見せて死ぬしかないって感じか?
      月島は自分どうでもよくても他人のために憤る辺りやっぱ根は真面目だな
    • 5. アニはつの名無しさん
    • 2019年09月13日 00:19 
    • 鯉登「逃げればこうなることはわかっていたはず」とアシリパに話しかけるの、鶴見から離反できない自分に投影しているようにも見える
      刺される前から表情に力がないし、考えすぎて隙ができたのなら可哀想
    • 6. アニはつの名無しさん
    • 2019年09月13日 02:42 
    • 鯉登好きになってきたのに例え死ななくてもこれで多分退場だよね…
    • 7. アニはつの名無しさん
    • 2019年09月13日 03:51 
    • 江渡貝のことは死んだあとでも思い出していたし
      中尉的には鯉登少将の付属品くらいの扱いで少尉個人には思い入れがないのかもしれないな
    • 8. アニはつの名無しさん
    • 2019年09月13日 06:34 
    • 随分とマイナス側の意見だけまとめたね
    • 9. アニはつの名無しさん
    • 2019年09月13日 17:19 
    • また敵同士になるだろうなと思っていたので月島・鯉登と殺し合いになるのは良いのだけど
      フチたちが心配だな
      引っ越してもばれるしな~
    • 10. アニはつの名無しさん
    • 2019年09月13日 17:48 
    • >>8
      言うほどマイナスか?
      もしかして主人公二人が褒め称えられてるコメントこそが中立だと思ってるタイプの人?

コメントの投稿

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ