サブカル系のファンブログ。アニメ・漫画・ゲームの感想やニュース等をまとめています。最新話のネタバレ情報あり

キングダム
キングダムプライムコレクションBOX1 ~成蟜動乱篇~ [DVD]:Amazon商品ページへ飛びます
原作:原泰久(週刊ヤングジャンプ/集英社) アニメーション制作:ぴえろ

1: 2019年8月18日(日)
誰とは言わんが 

2: 2019年8月18日(日)
オルド

3: 2019年8月18日(日)
オルドやろ

4: 2019年8月18日(日)
言うほど1人か?

5: 2019年8月18日(日)
カンメイだな

6: 2019年8月18日(日)
ごほうめいなんかやったか?

7: 2019年8月18日(日)
一人至強がいるよな

8: 2019年8月18日(日)
オルドやろ

9: 2019年8月18日(日)
全員無能定期

10: 2019年8月18日(日)
誰が至強か?

12: 2019年8月18日(日)
不抜

1000: オススメの人気記事

11: 2019年8月18日(日)
いってオルドさんソコまでアカン事したか?
奇襲しかけて失敗したくらいやろ?

16: 2019年8月18日(日)
>>11
??「だとしたら相対するオルドは何をやっとるのかぁ!!(ブチギレ)」

20: 2019年8月18日(日)
>>11
こいつがちゃんとしてたら函谷関抜けてたんだよなあ

13: 2019年8月18日(日)
オルド定期

14: 2019年8月18日(日)
李牧やろ
総司令の癖に本戦なんもやってへんで

15: 2019年8月18日(日)
やっぱり汗明さんって至強だわ

17: 2019年8月18日(日)
真面目な話なんで秦はあんな辺境から天下取れたの?

33: 2019年8月18日(日)
>>17
辺境でもなんでもないからやろ

37: 2019年8月18日(日)
>>17
軍制と武器がしっかりしてたから
基本的に徴兵の弱兵でそれらと数でゴリ押しや
他は職業軍人がほとんどだったとか

18: 2019年8月18日(日)
毒やろ

19: 2019年8月18日(日)
ハクキが頑張ったから

21: 2019年8月18日(日)
李牧やな

22: 2019年8月18日(日)
毒野郎は一人始末したから有能

23: 2019年8月18日(日)
オルドが王翦止められなかったからカリンの策も失敗したんや
あれが無ければ函谷関は突破できてた

24: 2019年8月18日(日)
オルドやな

26: 2019年8月18日(日)
オルドに関しては王翦が強いから仕方ないんじゃないの
あの時代に王翦より強い武将なんていないわけだし

25: 2019年8月18日(日)
王センが凄い ←×
オルドが酷い ←○

・・・なぜなのか?
作者がしたかったのは上やろ

28: 2019年8月18日(日)
ドンドンドドドンドン!カンメイ!

29: 2019年8月18日(日)
全員無能やろ

30: 2019年8月18日(日)
汗明とか言う戦犯

31: 2019年8月18日(日)
蒙武vs汗明は激アツだったから許したるわ

32: 2019年8月18日(日)
和田アキ子が楚軍の総大将やったら勝ててたんか?

34: 2019年8月18日(日)
そろそろ政が悪堕ちし始めると思うんやけどどうするんやろ

35: 2019年8月18日(日)
オルドは辺境で力を発揮できるのに平原に連れてこられたからまあしゃーない

38: 2019年8月18日(日)
>>35
オルド乙
得意な山間地帯で背中取られてたぞ

36: 2019年8月18日(日)
李牧が初めから参戦してれば勝てたんやないの

1000: オススメの人気記事

引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566086772/

おすすめサイトの人気記事

この記事のコメント

コメント一覧

    • 1. アニはつの名無しさん
    • 2019年08月20日 17:22 
    • ドンドコあせあきさんが一番ダメ
      総大将が一騎討ちなんかして戦死って兵の士気がヤバイだろ
    • 2. アニはつの名無しさん
    • 2019年08月20日 22:21 
    • 意識高い系の組織論漫画みたいになりつつあるから、政はおかしくならないかなる前に漫画終わるんだろうなぁ
      史実で始皇帝がおかしくなったのってやっぱり不老不死の薬だと思って鉛とか水銀飲んだからなのかなぁ

コメントの投稿

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ