サブカル系のファンブログ。アニメ・漫画・ゲームの感想やニュース等をまとめています。最新話のネタバレ情報あり

幽遊白書
幽☆遊☆白書 25th Anniversary Blu-ray BOX 霊界探偵編:Amazon商品ページへ飛びます
原作:冨樫義博(集英社/週刊少年ジャンプ) アニメーション制作:スタジオぴえろ

1: 2019年3月10日(日)
B級であのイキリぶりw

2: 2019年3月10日(日)
ちょっと修行した鈴木に負ける模様

3: 2019年3月10日(日)
邪眼の力を舐めるなよ←D級

10: 2019年3月10日(日)
>>3
邪眼のせいで弱くなった模様

4: 2019年3月10日(日)
読んでるとき絶望感半端なかったなぁって思い出

8: 2019年3月10日(日)
もこっち定期

5: 2019年3月10日(日)
私もこっちで強くなりすぎた←なんで!

29: 2019年3月10日(日)
>>5
うるせえ絵文字

6: 2019年3月10日(日)
戸愚呂は魔界行きたかったから結界通れるギリギリラインのBで抑えてたんやろ

38: 2019年3月10日(日)
>>6
結界の存在すら知らなかったんだよなあ

9: 2019年3月10日(日)
幽白の敵キャラで一番好き

1000: オススメの人気記事

11: 2019年3月10日(日)
Aが雷禅とか躯レベルなら十分面目保てたのに

12: 2019年3月10日(日)
フルパワー100%中の100%!!!

・・・Bw

13: 2019年3月10日(日)
A級以上は人間界に来れないはずだけど
当たり前のように来てたんだよなぁ鉢合わせしなくてよかったよなまじで

24: 2019年3月10日(日)
>>13
仙水が始末してたんちゃうか

34: 2019年3月10日(日)
>>13
特防隊が結界はってからは来てねえんじゃねえの
雑魚化するやり方はあったけど

14: 2019年3月10日(日)
シュワちゃん

16: 2019年3月10日(日)
100%中の100%はA級でしょ

19: 2019年3月10日(日)
>>16
Bだよ

40: 2019年3月10日(日)
>>16
普通にB級

17: 2019年3月10日(日)
わたモテ定期

18: 2019年3月10日(日)
世界の広さを知らんかった

21: 2019年3月10日(日)
もこっちすき

23: 2019年3月10日(日)
戸愚呂兄に似てるってよくいわれます

26: 2019年3月10日(日)
インフレが悪い

27: 2019年3月10日(日)
つっても確かBの方では強い方だったんやろ
魔界行けてたらすぐAにはなってたんちゃう

28: 2019年3月10日(日)
S級奴→ほどよい訓練と食事と睡眠
B級奴→オレンジジュース+鳥(生)

30: 2019年3月10日(日)
もこっちで強くなりすぎたってどういうことだよ

32: 2019年3月10日(日)
大竹にボコられるレベルなんやろなあって思うと悲しい

35: 2019年3月10日(日)
黄泉軍の鯱にも劣る雑魚

42: 2019年3月10日(日)
主人公一味と一緒に修行さしてもらえばすぐにS級行くやろ
仲間に入れてやれ

72: 2019年3月10日(日)
黒歴史目玉だらけの緑色怪物からよくここまで人気上げたな飛影

58: 2019年3月10日(日)
人間やめてまで力を追及して元人間がB級まで強くなったのは凄いんだぞ!

61: 2019年3月10日(日)
鈴木たちをあんなに強くする必要あったか?
戸愚呂が可哀想やんけ

65: 2019年3月10日(日)
桑原は一年で準A級

戸愚呂は妖怪転生までして
しに物狂いで何十年と修行してB級

才能の差は歴然

70: 2019年3月10日(日)
>>65
桑原は覚醒前幽助より才能あるような気がするし

66: 2019年3月10日(日)
仙水編でインフレ加速しすぎた

69: 2019年3月10日(日)
ビル破壊するのに3分もかかる雑魚
幽助ならショットガンで速攻でぶっ壊せるやろ

71: 2019年3月10日(日)
>>69
平らにするのに3分やからちゃんと均す所までやるんやで

75: 2019年3月10日(日)
>>69
うおおおおおおーって一生懸命に走り回ってビル破壊してた戸愚呂を笑うなよ
頑張る人を笑うのは失礼やろ

55: 2019年3月10日(日)
幽遊白書のボスと言えば仙水でも黄泉でもなく戸愚呂

1000: オススメの人気記事

引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1552165122/

おすすめサイトの人気記事

この記事のコメント

コメント一覧

    • 1. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月12日 22:03 
    • もこっち
    • 2. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月12日 22:06 
    • もこっち言いたいだけだろもう
    • 3.
    • 2019年03月12日 22:22 
    • このコメントは削除されました。
    • 4. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月12日 22:42 
    • とぐろ「まずは20%でいくか」

      ふむふむ、こいつはB級だな
    • 5. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月12日 22:42 
    • 幽白の設定では時間をかけて適切な段階を踏めばほぼ上限なく妖力を上げられる。
      人間界にいる戸愚呂にはその修行相手が務まる相手がいなかった(知らなかった)からB級止まり。
      だから唯一相手になったはずの幻海が老い、その力"だけ"は受け継いだ若い幽助をあの手この手で自分に向かってくるように仕向けた。
      高め合いその中で自分を倒してくれる相手を探してた。

      挑発的な性格や話し方は幽助のような悔しさからリベンジに燃える未来のライバルを生むための演技。

      戸愚呂が強さのためと妖怪になった「本当の目的」は昔の弟子達を皆殺しにした妖怪を殺したことで終わっている。
    • 6. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月12日 22:59 
    • わたモテ定期
    • 7. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月12日 23:25 
    • 人間界にAやSは来れないって設定なんだからおかしくないだろ
      原作100回読み直してからスレ立てろや低能
    • 8. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月12日 23:27 
    • >>7
      あっちから来れないだけで人間界でAやSになることは可能では
    • 9. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月13日 00:08 
    • 魔界の空気がないとAにいけないとかな
    • 10. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月13日 00:51 
    • 霊光玉も幻海の修行も無しでA級クラスまでいった桑原君はマジでおかしい
    • 11. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月13日 01:43 
    • 人間界で強くなりすぎたから上がいる魔界いこうとしたんだろ。
    • 12. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月13日 03:55 
    • 真実を知るのは富樫のみだが……

      まず霊力・妖力値と強さは直結しない(海藤・天沼の領域内では飛影はただのチビ。次元切り裂いたり、植物の操作したり、邪眼だったり、トンネル内の結界だったり霊妖力値と関係ない強さがある。「オーラの多寡で勝敗は決まらない」)。

      等級分けについて
      1. 界境トンネル内の結界はA級以上の妖気に反応する
      妖力値いくつ以上で反応と考えるのが一番自然と思われる(「領域」や邪眼、植物操作、次元を切り裂くとか特殊能力まで結界が判定しているとは思えない)。等級分けの基本は妖力値と思われる……が

      2. S級の基準は「霊界が手出しできない」強さ。
      割とアバウトなS級判定。
      この判断基準は、逆を言えば、A級=「霊界が手出しできる最大レベル」ということになる……というかA級の基準は妖力値でなくこれではないだろうか。B~EはA級からの逆算。
      特防隊は(大竹以外)S級の存在を知らされておらず、力を合わせれば最高ランクのA級(=どんな妖怪)も倒せると考えていたりする。
      SだのAだのは純粋な強さの分類ではない。霊界目線での対処の厄介さを表したもの、と考えるほうが妥当ではないか(後の閻魔大王の汚職やら霊界の体質やらを鑑みても)。
    • 13. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月13日 07:29 
    • 桑原こそ魔界について行っていれば割と容易にS級相当の力を身に付けただろうな
    • 14. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月13日 11:10 
    • >>10
      蔵馬の師匠としてが素質がハンパなかったんだろうな
    • 15. アニはつの名無しさん
    • 2019年03月13日 17:23 
    • 何回同じようなのまとめれば気が済むんだ

コメントの投稿

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ