サブカル系のファンブログ。アニメ・漫画・ゲームの感想やニュース等をまとめています。最新話のネタバレにはご注意を!

【叛逆性(はんぎゃくせい)ミリオンアーサー】1話感想 過去への叛逆

969: 2018年10月25日(木)
特番でも言ってたように弱酸性が全部持っていく

895: 2018年10月25日(木)
これ頭おかしいw

891: 2018年10月25日(木)
さすが人類に早すぎた漫画の原作者

896: 2018年10月25日(木)
おまけが一番面白いってどういうことだよ・・・

945: 2018年10月25日(木)
>>896
前にもそんなアニメがあった気がする

902: 2018年10月25日(木)
マジモンの本編じゃねえか

903: 2018年10月25日(木)
こっち30分やったほうがいいだろ

941: 2018年10月25日(木)
>>903
精神壊れるだろw

974: 2018年10月25日(木)
>>941
てーきゅうとかアホガールで慣れてるだろ

940: 2018年10月25日(木)
電波ソングでオワタwww

947: 2018年10月25日(木)
ほんとちょぼ先生は頭おかしいわ

1000: オススメの人気記事
961: 2018年10月25日(木)
この四コマアニメをネットの動画サイトで毎日更新すれば良いんじゃね?

1: 2018年10月25日(木)
ようやく本編開始。モブアーサーはヤカラばかりだw ざっくり"過去"へ。スベる団長、今期のバニー3人めw アバンに繋がって無双ゲー調。EDは「ウィッチ☆アクティビティ」作詞作曲編曲揃うw 1万本折っても1/100。「弱酸性」自由だなこっちが本編か?w

2: 2018年10月25日(木)
また何の変哲もなさそうなスマホゲームのアニメ化が始まってしまったが、初回は作画動画脚本演出全部卒なく出来上がっていてすらすら見ることができた。おまけ短編ギャグ「弱酸性ミリオンアーサー」つき

3: 2018年10月25日(木)
アホキャラやらせたら天さんの右に出る者はいない

4: 2018年10月25日(木)
ヘブリディーズは完全におまんじゅう工場になった

5: 2018年10月25日(木)
今のところキャラがかわいいのとサービスシーンがちょいちょいあるってこと以外特筆すべきところがないかな。割とボクの好みです。

6: 2018年10月25日(木)
安心の弱酸性本編

7: 2018年10月25日(木)
弱酸性が強くて本編の内容忘れた

8: 2018年10月25日(木)
特番2回やった挙句にこの時期から1話放送のソシャゲ原作アニメとか見えてる地雷すぎる…と思っていたの反省しなきゃですね…

9: 2018年10月25日(木)
意外と面白かった

10: 2018年10月25日(木)
やはり弱酸性が本編

11: 2018年10月25日(木)
最高ソシャゲアニメだったけど疲れる

12: 2018年10月25日(木)
何というか、ここまでコメディに仕上げてくるとはちょっと予想外だった

13: 2018年10月25日(木)
細かいことはよく分からなかったけどなんやかんや楽しかったぞ

14: 2018年10月25日(木)
ちょぼらうにょぽみさん、さいこーだな

15: 2018年10月25日(木)
自由すぎてどっから突っ込んでいいかわかんないけど面白いわ!

16: 2018年10月25日(木)
9回裏本編で満塁ホームラン飛ばしてきたな

1000: オススメの人気記事

引用元:twitter,http://himawari.5ch.net/test/read.cgi/weekly/1540466857/

おすすめサイトの人気記事

この記事のコメント

コメント一覧

    • 1. アニはつの名無しさん
    • 2018年10月26日 01:38 
    • 弱酸性だけ見たいのに長いアバンだな
    • 2. アニはつの名無しさん
    • 2018年10月26日 10:15 
    • 弱酸性ビオレファンが目立つな
      わざわざコメントする人はそういったファン層が多そうだな
    • 3. アニはつの名無しさん
    • 2018年10月26日 10:32 
    • ミリオンアーサーは未プレイだから本編に興味は無いが、弱酸性はわからなくても面白いから好き
    • 4. アニはつの名無しさん
    • 2018年10月26日 11:50 
    • ぱっとみマジで弱酸性ミリオンサーガって読んでた。

コメントの投稿

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ