サブカル系のファンブログ。アニメ・漫画・ゲームの感想やニュース等をまとめています。最新話のネタバレにはご注意を!

【少女歌劇レヴュースタァライト】5話感想 キラめきのありか
1502
0304
0506
0810
1113
1617
1819
2021
2223

1: 2018年8月10日(金)
まひるちゃん回良かった〜
まひるちゃん面白かわいい笑
レヴューの相手が前向きになれるのいい!

2: 2018年8月10日(金)
凄かった。香子とクロちゃん推しだったけど、まひるちゃんがここで急上昇……SUKI……

3: 2018年8月10日(金)
あーまひる好きだわ〜
これからどんどん強くなってほしいキャラ1位だわタイプってかただただ応援してあげたい…ほんとなんでバンドリとかぶるのかなぁ〜3rdはせめて行きたい…

4: 2018年8月10日(金)
やっぱり僕はまひるちゃんや

5: 2018年8月10日(金)
そしてとにかく芋が食べたくなる回でもあった

6: 2018年8月10日(金)
エンディング、素晴らしかった
予想可能興奮不可避

7: 2018年8月10日(金)
深い話のはずなのにポップ重みで笑いが止まらなかった

8: 2018年8月10日(金)
組み合わせは違えど、まひるちゃんのレヴュータイトルが舞台と同じ嫉妬だったのは本当によかった

9: 2018年8月10日(金)
5話、途中から泣けてきちゃって。
まひるちゃんも幸せになれて良かった。上位目指してね(>_<)

10: 2018年8月10日(金)
とりあえずこれでまひるちゃんは華恋ちゃんに拘らずに上を目指すのかな?それとも華恋ちゃんと一緒に上を目指すのかな

11: 2018年8月10日(金)
次回はもしかして香子のターン?
それとも双香のターン?

1000: オススメの人気記事
12: 2018年8月10日(金)
これで次回は双葉香子回辺りなのかな。もう舞台とはだいぶ変わってきてるから楽しみだ

13: 2018年8月10日(金)
ばななはやっぱり1年の時のスタァライトにこだわってるんだろうなぁ
あの時のスタァライトが好きって感じが伝わってくる
ばなな回きたら泣いちゃいそうだな

14: 2018年8月10日(金)
濃厚すぎるまひるちゃん回だった。前半の奇行も後半のレヴューも華恋ちゃん愛が重すぎる…!

15: 2018年8月10日(金)
舞台ではガチでぶつかりあうけど、舞台降りたらみんな仲良しなのがいいですね…

16: 2018年8月10日(金)
まひるちゃん株爆上がりしかない

17: 2018年8月10日(金)
葛藤回は面白いなぁ

18: 2018年8月10日(金)
じゃがバタ食べたくなっちまったよ!!

19: 2018年8月10日(金)
あと天堂さんに対抗意識燃やしまくってるクロちゃんとか、腹黒っぽい香子ちゃん、天堂さんへのリベンジとか見どころ残ってるし、バナナちゃんも裏方になったけどそのままなのかオーディション参加するのか楽しみが残ってるな

20: 2018年8月10日(金)
まひるが思いの丈をどれだけぶつけても、華恋は迷わずひかりを選ぶし、ひかりとスターになるためには、まひるに何の躊躇いもなく切っ先を向けられる、それを見ても尚「やっぱり好き」って言えるまひるの気持ちは確かなものだし、そうして一人を選ぶのがさぁ……はぁ……

21: 2018年8月10日(金)
やきうするアニメだから名作になるに違いないな!
あとはリバースシーンがあればなお良い

22: 2018年8月10日(金)
依存から脱することが出来ずハッピーまひるライフになったパラレルワールドもあるはず

23: 2018年8月10日(金)
笑えて泣けてすごい回だった・・・
まひるちゃん好きになる

24: 2018年8月10日(金)
まひるちゃん第1話から華恋ちゃんに傾倒している様子が目立っていたけど、その理由は純粋に恋慕っているからというだけでなく自信を失くした自分の心の拠り所であってくれたからというのもあるというのが、良い落とし所でしたね…

25: 2018年8月10日(金)
まひるちゃんが嫉妬の闇堕ちか!と思いきや、後半はキリンのオデでネタ満載の痛快展開。最後は明るく締め。真矢クロなどのサービスシーンもピンポイント的に含んでいるし、凄く面白かったです!スタッフのまひる愛をひしひし感じました。

26: 2018年8月10日(金)
まひるちゃんはただのかれんちゃん大好きマン? いいえ、そんなことはありません。 って回でしたね。

27: 2018年8月10日(金)
まひるは華恋大好きだけど、今まで依存気味だったから今後はそこから自立していくんだろうね
次週も楽しみ

1000: オススメの人気記事
引用元:twitter
おすすめサイトの人気記事

このページのトップヘ