サブカル系のファンブログ。アニメ・漫画・ゲームの感想やニュース等をまとめています。最新話のネタバレにはご注意を!

【バジリスク 桜花忍法帖】22話感想 魔、黄泉返りたり
バジ

728: 2018年6月5日(火)
時をかける信長

732: 2018年6月5日(火)
え?ノブさんバカ?w

730: 2018年6月5日(火)
信長も寝起きだからね仕方ないね

748: 2018年6月5日(火)
最後喜んでんじゃねーよw

722: 2018年6月5日(火)
回想と在庫処分しかやってねえ

744: 2018年6月5日(火)
もうなにがなにやら(´・ω・`)

726: 2018年6月5日(火)
雑過ぎて逆に面白くなってきた

736: 2018年6月5日(火)
あの禿自分の血で復活させて満足なのか
何のために響と八郎連れてきたのよ

749: 2018年6月5日(火)
ノブが美少年好きで八郎たちが助かった

753: 2018年6月5日(火)
よくわからんが同士討ちばっかやなぁ

766: 2018年6月5日(火)
終盤に来てギャグが冴え渡るな

1000: オススメの人気記事
769: 2018年6月5日(火)
ところで八郎って役に立った?

785: 2018年6月5日(火)
>>769
これから響と卍解・千本桜景厳するから(震え声

772: 2018年6月5日(火)
今日のあらすじ
「おまえなんか用なしだー」「ぐあー」
「おまえも用なしだー」「ぐあー」

八郎&響「・・・・・・」

770: 2018年6月5日(火)
こうなると刀の人の立場が微妙だな

778: 2018年6月5日(火)
主人公たちかやの外でこの展開は酷い

782: 2018年6月5日(火)
生きてる人
・八郎&響
・なめんばさん
・ノッブ
・特に何もしていないおっさん

798: 2018年6月5日(火)
>>782
オッサンはさっき導火線切って爆発防いだじゃないか

800: 2018年6月5日(火)
八郎は瞳術使わなくても同士討ちさせられるんだな

1: 2018年6月5日(火)
敵が強過ぎて内ゲハで自滅していく展開…結構見たことあるなあ😑😑

2: 2018年6月5日(火)
攻略不能の敵をどう倒すのかと思ったら、立て続けに敵同士で背中から不意打ちって・・・(;・∀・)

3: 2018年6月5日(火)
だいぶメンツも減ってきましたね…

4: 2018年6月5日(火)
なんか今週八郎と響がぽかーんとしてるだけだった

5: 2018年6月5日(火)
大勢退場してから、面白さ無くなっちゃった感じが・・

6: 2018年6月5日(火)
今回は悪くない歴史の解釈(創作)だと思う

7: 2018年6月5日(火)
あっけないな孔雀。まだ孫六が生きてはいるがラスボスは生き返った信長か。

8: 2018年6月5日(火)
これは蘭丸だって知ってて始末したんだよな?勘違いとかではなくて

9: 2018年6月5日(火)
じょうじん衆、最初に脱落した夜叉至さんと二番目に脱落したじいさんが一番様になってた最期だった

10: 2018年6月5日(火)
まあ一話で本能寺の話が少しあったからここにきて一応回収したという形か。

11: 2018年6月5日(火)
バジリスクは忍術じゃなく物理攻撃で決着するパターンが多いアニメ

12: 2018年6月5日(火)
現ちゃんと涙さんはまだ生き絶えてなかったか。現ちゃんは幻術で敵に一矢報いることができたな。そして最後の2人の百合百合しさがとても良かった…。贅沢を言えば2人には生き残って欲しかったけど散り際の花だからこその美しさもあるか。

13: 2018年6月5日(火)
両陣営退場しまくりだけど大丈夫か。っていうかこの信長、本物よりちょっと小物くさい。

14: 2018年6月5日(火)
しかしこの信長、家康に比べるとだいぶ地味な顔だこと。まあ家康も昔はもっとあっさりした顔だったかもだが(笑)

15: 2018年6月5日(火)
たとえ本物でも美しくなければ意味ないしいらないって判断だよね。

16: 2018年6月5日(火)
コミックと別展開にしてるのはなんでだろ?どっちにしても前作の方が駆け引き面白かったが💦

17: 2018年6月5日(火)
信長、八郎に勝てんの?ただの武将だし瞳術に太刀打ちできなくない?

18: 2018年6月5日(火)
ここまで引っ張っておいた信長を八郎の瞳術で始末しても納得してしまうよこのアニメ

19: 2018年6月5日(火)
でも終盤に向けて分かりすく盛り上げてはきたな?

1000: オススメの人気記事

引用元:twitter,http://himawari.5ch.net/test/read.cgi/weekly/1528118060/

おすすめサイトの人気記事

このページのトップヘ