サブカル系のファンブログ。アニメ・漫画・ゲームの感想やニュース等をまとめています。最新話のネタバレにはご注意を!

【ゴールデンカムイ(金カム)】9話感想
0901
0405
0607
0810
1112
1314
1516
1718
1920

1: 2018年6月4日(月)
今週はかなり濃ゆい話だったなぁ…
いろいろ煌めいてたわぁ…

2: 2018年6月4日(月)
関さんの優しげな中に狂気を感じさせる声が…あぁ^~たまらねえぜ^~、辺見にぴったりでした

3: 2018年6月4日(月)
辺見と杉元がおっさんずラブしてた…

4: 2018年6月4日(月)
辺見ちゃんはヤベー奴だけどゴールデンカムイ全体で見ればまともな方な気がするのだよ。ヤベー奴だけど。まだ原因?とかハッキリしてるし、まだまともっつーか、うん。ヤベー奴だけど。

5: 2018年6月4日(月)
辺見ちゃんと杉元の心が重なるシーンのBGM良かったなぁ😃
辺見ちゃん、愛しいシリアルキラーだよ!

6: 2018年6月4日(月)
一昔前のトレンディドラマのようなシーン満載でしたね。

7: 2018年6月4日(月)
なんで海岸でキャッキャウフフなシチュエーションになってンだよw

8: 2018年6月4日(月)
辺見ちゃん煌めいてたぜ......
そして谷垣がかっこいい

9: 2018年6月4日(月)
尾形谷垣かっこよかった…

10: 2018年6月4日(月)
谷垣ちゃんが尾形に狙われてピンチなところに二瓶の銃が出てきたのはなかなか熱い展開だな。マタギの谷垣ちゃんは”悪魔の熊撃ち”の銃を使いこなせるのか。

11: 2018年6月4日(月)
このエピソードの二瓶は亡くなってしまったけれど、確実に生きていると思わせるところが本当に好きだ。どのキャラクターも大好きだー!

1000: オススメの人気記事
12: 2018年6月4日(月)
前半と後半で全然違う話って密度濃すぎでしょ

13: 2018年6月4日(月)
手をつないで海岸を走る二人のAパートが濃かったから、Bパートが軽くなるんじゃないかと勘ぐっていたら、そちらのやり取りもよかった。三十年式歩兵銃の描写も好きだな。ほんと、展開が早いんじゃなくて濃いと思う。

14: 2018年6月4日(月)
敵だった谷垣はおばあちゃんたちのために戦うし、杉元たちにすっかり馴染んだ白石は土方と繋がってるしで、誰が敵で誰が味方かわけわからん(笑)

15: 2018年6月4日(月)
谷垣かっこいいなぁてか細やんいいなぁ(*´∀`*)

16: 2018年6月4日(月)
この頃の谷垣源次郎はかっこよかったなあ(遠い目

17: 2018年6月4日(月)
原作で杉元がキラキライケメンな「引っ剥がしたお前の入れ墨を~」をアニメでも再現してくれて嬉しかったし、辺見ちゃんの思いを汲んでとことん一緒に煌いてくれる杉元は中身もイケメン。小林さん関さんともにいい声・いい演技で、最高のコロシアイ(愛)を堪能できた回だった

18: 2018年6月4日(月)
そういえばシャチの竜田揚げ出てこなかったな。

19: 2018年6月4日(月)
シャチ食べないのか~
原作は子持ち昆布とかも食べてて美味しそうだったんだけどなぁ

20: 2018年6月4日(月)
シャチの竜田揚げはやっぱり問題あったのかな
捕鯨問題とかあるしねー
残念ちゃ

21: 2018年6月4日(月)
尾形のセリフでご飯3杯いける

22: 2018年6月4日(月)
来週のタイトルは道連れなの?!
キロとカノたんでるのおおおお!??

23: 2018年6月4日(月)
チセから出てく時の尾形のちょっとトーン高めなあたり好きでした~~~~~~~~~
来週は遂にキロちゃんだね!!!

24: 2018年6月4日(月)
AもBも濃いですなぁ。辺見の気持ちがわからんでもなさそうな杉元も、やっぱりネジが飛んでます。後半は退場したかと思ったキャラが続々登場。谷垣が主人公みたいでした。声も似てますし。武器は二瓶が残した銃と弾1発。魂を受け継ぐ展開に燃えます。

25: 2018年6月4日(月)
二瓶鉄造の「一発だから腹が座るんだ」っていう精神を谷垣が受け継ぐ展開すこ

26: 2018年6月4日(月)
一発勝負で銃の名手尾形に挑む決意をするところに二瓶の回想持ってくる演出は神だった。EDのイントロとも相まって最高の引きだった。

27: 2018年6月4日(月)
二瓶の銃で戦う展開アツいよな。自然を熟知している谷垣の強みが活かされる点もグッド。推しが出るとか関係なくこの話は好き

28: 2018年6月4日(月)
いやほんと煌めいてたし後半も緊張感あってどんどん盛り上がってきてるわ~来週も楽しみ!

1000: オススメの人気記事
引用元:twitter
おすすめサイトの人気記事

このページのトップヘ