サブカル系のファンブログ。アニメ・漫画・ゲームの感想やニュース等をまとめています。最新話のネタバレにはご注意を!

【ヴァイオレットエヴァーガーデン】12話感想
ばいお13
ばいお01ばいお02
ばいお03ばいお04
ばいお05ばいお06
ばいお07ばいお08
ばいお09ばいお10
ばいお11ばいお12
ばいお14ばいお15

1: 2018年3月29日(木)
少佐を守れなかった代償の腕で兄を守ったヴァイオレット

2: 2018年3月29日(木)
ヴァイオレットちゃん…(´;ω;`) ここで「みちしるべ」はずるいよ…なく

3: 2018年3月29日(木)
次回最終回!

4: 2018年3月29日(木)
ここで終わるか…続きが気になる。
映像綺麗だから戦闘シーンがハラハラする。

5: 2018年3月29日(木)
和平交渉が成立して戦争とは無縁のヴァイオレットちゃん…って回になるかな?

6: 2018年3月29日(木)
少佐は守れなかったけど、大佐は守れたって感じかな?

7: 2018年3月29日(木)
京アニほんと力いれてる

8: 2018年3月29日(木)
守りたかったっていう想いは同じだったのか…

9: 2018年3月29日(木)
ディートフリート兄は、あんな俺様態度なのにギルベルト弟を失ってしまった事を惜しんでいるのをみると、普通にいい人なのかなと思ってしまうが、どーなんだろう気になる

10: 2018年3月29日(木)
列車を守れ!難易度高いミッションすぎる、何のために生きていくか見えそうでもあるし、でもまだ少佐に縛られているようでもあり。来週最終回だけどどうなるのか……

1000: オススメの人気記事
11: 2018年3月29日(木)
戦争ネタは知らない単語ばかりだしイマイチだなーと思ってたけど後半はすごく見入った。ヴァイオレットの道具としての戦場人形から手紙を書くドールの生活と、これまでの人生の総括のような展開でどう終わらせるのか気になる

12: 2018年3月29日(木)
お兄ちゃん色々歪みすぎや……。気持ちはわからなくもないけど、でもだからといってヴァイオレットに八つ当たりしちゃダメだろ。

13: 2018年3月29日(木)
弾丸を手で受け止めるシーンカッコ良い。一瞬格闘技作品だったと思わさせてくれた。

14: 2018年3月29日(木)
何やっても様になるなあ
アクションかっこいい
なんで殴ってあんな簡単に気絶すんのかと思ったら腕は義手でしたね
やっぱ木内さん好き

15: 2018年3月29日(木)
息するのも忘れるように見入ってた。もうなんかいろいろ胸が詰まる。

16: 2018年3月29日(木)
いい意味で終わり方が読めないな。

17: 2018年3月29日(木)
それにしてもお兄さんはやっぱり弟のギルベルトを大切に想っていたんですね。血も涙もない冷徹な人物のように描かれていたから少し勘違いしてたんですけど、そりゃあやっぱりたったひとりの弟を失ったことをヴァイオレットのせいにしてしまうのも納得です

18: 2018年3月29日(木)
少佐兄よくみるとかなりとイケメンだった
てかやっぱ少佐と結構似てるよな

19: 2018年3月29日(木)
大佐も大佐でヴァイオレットちゃんに対しては複雑な思いを持ってそうだな…弟が命を懸けて守った存在だもんな…

20: 2018年3月29日(木)
大佐がヴァイオレットちゃんにきつく当たってたのは自分のやり場のない感情をぶつけてたからだったんだな。貫くのは茨の道だろうけど最後の義手で銃弾から大佐を守ったシーンにその決意みたいなものが感じられたな。

21: 2018年3月29日(木)
大佐の想いも同じだったのね…
最終回はどうかみんな幸せになって

22: 2018年3月29日(木)
手に汗握るとはこのこと。息が止まるかと思った。
前話から続く「もう、誰もなくしたくない」というヴァイオレットの思いは、和平を無事に締結させるというミッションと重なっている。再び戦争によって人の思いが引き裂かれることのないよう、希求しているのだ。

23: 2018年3月29日(木)
今回は「少佐の命令は生きろでした!」という台詞が全てだったのでは
ヴァイオレットなりに代筆業で言葉の意味を捉えたからこその台詞で
単なる命令ではなくこれから先を指し示す道標であったのを
ここに至るまでに理解したのだなと思いつつ

24: 2018年3月29日(木)
大佐の印象がガラッと変わったし、来週が待ち遠しいというか、悲しいというか、どうなるんだって感じで、とりあえずヴァイオレットちゃぁあああんって感じなのには代わりないんだけど、どうか皆に幸せになって欲しいって思う。

1000: オススメの人気記事
引用元:twitter
おすすめサイトの人気記事

このページのトップヘ