サブカル系のファンブログ。アニメ・漫画・ゲームの感想やニュース等をまとめています。最新話のネタバレ情報あり

【ヴァイオレットエヴァーガーデン】11話感想
ばいお09
ばいお01ばいお02
ばいお03ばいお04
ばいお05ばいお06
ばいお07ばいお08
ばいお10ばいお11
ばいお12ばいお13

1: 2018年3月22日(木)
毎話毎話泣いてる

2: 2018年3月22日(木)
今回は結構後味悪いなぁ......

3: 2018年3月22日(木)
戦場での仕事。ヴァイオレットちゃんが感情を取り戻して順調に仕事をこなしてるけど、今回の涙とか見ると、自分がしたことや国の現状に押し潰されるんじゃないかと不安だ…

4: 2018年3月22日(木)
目の前で兵士が亡くなり、その家族に手紙を届け、家族が悲しむ様を見るたびに自分の過去の行いも、こんな家族をあちこちに生んでいたことを突きつけられてるのが、辛いなあヴァイオレット……ウッウッ…

5: 2018年3月22日(木)
自分も一番大切な人を護れなかった訳だしな(´;ω;`)

6: 2018年3月22日(木)
こう毎回遺書ばっか書いてるとヴァイオレットちゃん闇落ちしそう

7: 2018年3月22日(木)
ヴァイオレットちゃんと共に僕も人間の心を取り戻しつつある

8: 2018年3月22日(木)
先週に続き今回も涙腺崩壊だけどツラいな。
最終回はどうなるやら

9: 2018年3月22日(木)
なんでだろう、EDのピアノの音が一音ごと心に響く。
感動なんて一言で表せるもんじゃない、この感情···

10: 2018年3月22日(木)
今週の終わり方は哀し過ぎる…
「息子を返してくれてありがとう。」
この言葉にはどう反応したらいいのか難しいよ…

1000: オススメの人気記事
11: 2018年3月22日(木)
ドールの仕事って依頼者の代筆だけど、あの手紙には依頼者の想いだけでなく最期の言葉とかも書かれてるんじゃないかって気がしてる

12: 2018年3月22日(木)
ほんとよくこんなの出来ますねすごいわ

13: 2018年3月22日(木)
もう何週間か、何日か違ったら。そんなのいっぱいあったんだろうなぁ…。

14: 2018年3月22日(木)
手渡しに行くところまでは大丈夫だったけど、幼馴染の笑顔が消えた瞬間ダメだった

15: 2018年3月22日(木)
前回から絵と演技とでいよいよもって破壊力が高い

16: 2018年3月22日(木)
本当に悲しいことばかり起こるけど、その中のどこかに必ず救いがあって
全部ヴァイオレットを作り上げていっていて

ヴァイオレットの涙がだんだんと本物になっていくような気がする

17: 2018年3月22日(木)
本当に丁寧に作られてるから、すぐに感動しちゃうのー

18: 2018年3月22日(木)
最後まで涙を流させる京アニおそるべし

19: 2018年3月22日(木)
サブタイトルは、ヴァイオレットの戦争経験を経て、今回のドールとしての経験を経て、より強くより確実にねがうことになるわけなんだな。

20: 2018年3月22日(木)
泣けるようになってよかったねという気持ちと同時に泣けるようになってしまってはこの仕事辛いよという気持ちもわく

21: 2018年3月22日(木)
戦うことだけをしてきたヴァイオレットちゃんは奪われる側の辛さを知ってしまったのね

22: 2018年3月22日(木)
よりもいとヴァイエヴァ、「今季最も泣けるアニメ」だったらどっちが上なのか知りたいところだ。

23: 2018年3月22日(木)
今週も泣かせにきやがった…

毎週毎週素晴らしい話作るよね…
映像(特に背景)も綺麗すぎる(>_<)

24: 2018年3月22日(木)
直接想いを伝えるのが何より1番だけど、どんな形でも大切な想いは伝えるべきですね

25: 2018年3月22日(木)
ヴァイオレットちゃんが行かなければ二度と伝えられない想いが届けれれたのはとても良いのだけれど、辛すぎる。

26: 2018年3月22日(木)
ここ何話かは完全に戦争がテーマみたいになってて救いは少なめで厳しい現実を見せつけられてる気がする

27: 2018年3月22日(木)
手紙を書く仕事でいろんな感情を知ってからの戦場ってだけでもきついのに、かつては自分が敵の兵士をガンガン葬ってたヴァイオレットさんに遺族の姿は更にきっついだろうに・・・

28: 2018年3月22日(木)
いい最終回だった感あふれた前々回見た後、この後は「愛してる」を知るシリーズだろうか、と予想した通り、今回もまた前回とは別の愛してるをヴァイオレットに見せるエピソードって感じだった…次で最後?どういう結末になるのかな。

29: 2018年3月22日(木)
来週終マーク付いてない...!13話やってくれるのかな

30: 2018年3月22日(木)
これ、次回前後編にして原作のヴァイオレットエヴァーガーデンやればとても綺麗に終わりそうやね

1000: オススメの人気記事
引用元:twitter
おすすめサイトの人気記事

この記事のコメント

コメント一覧

    • 1. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月22日 02:34 
    • 今回のエピソードはありきたり。前作エピソード10が超絶だったので、この落差は大きい。
      しかし、最後の「守ってあげれなくてゴメンナサイ。」は
      余計なセリフ。
      ヴァオレットが奪ったわけでもないし、兵士の遺書を書いただけでも充分に役目を果たしている。
      この作品の気になる点は、ヴァイオレットが自虐的に罪の重さに苦しんでいる点。
      少女の身体能力と戦闘能力が並外れていると言うだけで軍は「少女兵」を戦地に送り込んだ。
      しかも、少佐は読み書きを教えるが、兵士としての育て方しかしておらず、情操教育などは皆無。
      このままでは、ヴァイオレットはあまりも可哀想であり、救済すべきエピソードを入れるべきだろう。

    • 2. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月22日 05:08 
    • とりあえずEDはいらないな。
      各話の空気ぶち壊しである。
    • 3. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月22日 08:50 
    • この作品のスタッフと視聴者は、大魔法峠のぼくパヤたん(勿論第2章まで)を聴く事をお勧めします
    • 4. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月22日 08:54 
    • 南極よりは泣ける
      ヴァイオレットちゃん強いな
      ターニャとタッグ組もうぜ
    • 5. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月22日 22:20 
    • ※1
      >最後の「守ってあげれなくてゴメンナサイ。」は余計なセリフ。

      いや必要でしょ、あれは今回の出来事だけから出た言葉じゃなく7話で船の中で独白したように
      敵国の兵士にも愛する人がいたってのを間接的に見させられてのセリフだろうし
    • 6. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月23日 00:09 
    • 絵がきれいなだけで名作扱い
    • 7. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月23日 01:40 
    • 今までなら守れなくて「すみません」だったと思うんだよね
      それが守れなくて「ごめんなさい」だった
      感情を取り戻したと同時に年相応の子どもの部分も取り戻したような気がしたよ
    • 8. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月23日 05:19 
    • 守ってどうするっていう・・・
      連れてきちゃうと脱走で始末だし、元軍人がそれ知らないわけないし。
      「たまたま関わりを持ったからいたたまれない」ってだけで謝罪するのは傲慢ですごく気持ち悪い。
    • 9. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月23日 11:30 
    • 隊長!空から女の子ぐはぁっ!?
    • 10. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月23日 12:37 
    • 感動コメントばかりまとめられてるのになにこのコメ欄ぶち壊してるのはedじゃなくて叩くことしかできない奴らだ
    • 11. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月24日 22:28 
    • ※10
      前回が前回だし、どっちもありきたりな話ではあるが、
      10話が先逝く自分が一人残る子供に生涯通した大きなメッセージに感動が生まれたが、
      今回はハナッから展開読め過ぎた上に、着地点もイマイチ感が拭いきれなかった。
      いや、遺言を口頭でってのは悪くなかったが、「守れなくて~」はちょいとなぁ・・・と。
      「ありがとう」と言われた事によって複雑な心境を表情と涙、嗚咽だけで言葉は要らなかった感じ。
      京アニ作品特有の「鼻につく悪い臭さ」かな。
    • 12. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月26日 20:25 
    • ベタな話だからこそ、理解しやすいし感情移入もしやすい。 

コメントの投稿

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ