サブカル系のファンブログ。アニメ・漫画・ゲームの感想やニュース等をまとめています。最新話のネタバレにはご注意を!

【三月のライオン】2期19話(41話)感想
らいおん15
らいおん01らいおん02
らいおん03らいおん04
らいおん05らいおん06
らいおん07らいおん08
らいおん09らいおん10
らいおん11らいおん12
らいおん13らいおん14
らいおん15-1らいおん16
らいおん17らいおん18

1: 2018年3月17日(土)
今日はゆっくり観れた✨高木さんはまだ不安の中にいるけど、ひなちゃんはもう10歩も20歩も前を進んでいて、自分のやりたい事が分かってる。

2: 2018年3月17日(土)
いつ観てもホッコリする三姉妹~♪
後半の話さえ無ければ最高。
イジメ問題は息苦しなるよ…

3: 2018年3月17日(土)
高木さんにまったくひびかないのが、ちほちゃん見てたら泣きそうになる( ˊ• ·̭ •̥ )
高木親子、怖いよね‥
どうしたらいいのかなぁって考えさせられる。

4: 2018年3月17日(土)
今回はなんといっても、高城と国分の話だったと思う。高城には高城の国分には国分の人生観があって、「先生…?」の台詞は、どこか悲しみさえ浮かんでくるエピソードだった。悠木碧のあの台詞、本当に秀逸だと思う

5: 2018年3月17日(土)
いじめはいけないけど、いじめた側を単なる悪とせず、一人の人間として複雑な内面まで丁寧に描いているのが好きだ。
思春期特有の感情の揺れや漠然とした不安といった、誰もが経験することを正面から捉えているからこそ、私はこの作品が大好きだ。

6: 2018年3月17日(土)
『3月のライオン』あんな、ひどいいじめがあったひなちゃんの学校に。国分先生が学年主任としていてくれるの、見てる側も救われるよね。投げ出さない。根気強い。真摯。決して相手を舐めない。こういう人になれたらな。そして、CV:立木文彦さんの説得力よ。

7: 2018年3月17日(土)
いじめ主犯格・高城ちゃんは、己への不安から他人を攻撃していた。それを見抜いてくれた学年主任は「タイムアップだ」と臨時担任から外れる。良い事も悪い事も永遠に続かない。高城ちゃんはここからどう立ち上がるのか(は原作でも描かれず)。

さぁ次は妻子捨男かぁ…しんどいぞ…

8: 2018年3月17日(土)
川本家の穏やかで優しくて幸せな光景は見てるこっちまで幸せな気持ちにさせてくれてめっちゃ尊い。

9: 2018年3月17日(土)
新しい担任の声がイメージしていた声とちょっと違ったかな?という印象。ただ、国分学年主任が一生懸命高木と真摯に向き合う姿は見ていてグッと来ました。嗚呼、ホントに現実にこういう先生が居ればいいなぁ……

10: 2018年3月17日(土)
自分の好きなことや、やりたいことが見つかった瞬間って本当に本当に素敵だ

1000: オススメの人気記事
11: 2018年3月17日(土)
店頭販売で大もうけ。久々のまったりした回だった。このまったりさがいいというひなたちゃんと、プロ棋士の桐山君は対照的だなぁ、このあとつきあうことになったりしたらどうなるんだろう

12: 2018年3月17日(土)
Aパートはふくふくになったなあ
ひなちゃんの考えるお菓子は可愛らしさと懐かしさと温かみがあっていいなぁ
Bパートは新担任の意見がやっぱりすっきりするんだよなぁ

13: 2018年3月17日(土)
川本家のホッコリ話だけかと思ったら、教育話も続いてて今後がきになる〜。

14: 2018年3月17日(土)
たかぎさんの不安がわかる。なにも成し遂げたことがないから何にも一生懸命になれないというのが…自分の大きさがわからないというのが…

15: 2018年3月17日(土)
皆んながこのままハッピーでいられたら良いのにね。

16: 2018年3月17日(土)
たぶん、このいじめ加害者の子が、これ以上「人として外れない」ために、指導ってのはやらないとしょうがないもんじゃねーかな、新人くん。あの親から引き離さないと、うまくはいかないだろーけど。正しく「毒母」だよなアレ。

17: 2018年3月17日(土)
まぁ「頭ぶつけてみなきゃ分かんない」てのが一般的だから。
新人先生の考え方は間違っていないしたくさんの生徒を抱えてる状況から考えたらそれでいいと思う。
でもせめて、義務教育の間はいや、間に、かな、「真っ当」なニンゲンになれるよう指導してあげて欲しい。

18: 2018年3月17日(土)
将棋なし回わりと好き

19: 2018年3月17日(土)
よかですな。心の傷は簡単には癒えない。
臨時の先生が高城に語りかけるあのシーンが、1番重要なんだろな。
親を頼らずに自立する1歩目が、高校受験でもあるわけだしね。

20: 2018年3月17日(土)
高城の件、アニメではもう少し余韻が欲しかったけど、やっぱり胸が締め付けられる

21: 2018年3月17日(土)
今回は川本家、白玉団子の作り方教えてくれてありがと( ˊᵕˋ* )
前の半熟ゆで卵も( ˃̶̤̀◡˂̶̤́ )

22: 2018年3月17日(土)
高木さんは、ある意味とても幸せなんだよ。だって、いじめを行った側の人間に、真剣に向き合ってくれる教師がどれだけいるだろう。過ちを「過ちだ」と指摘して、導こうとしてくれる大人がどれだけいるだろう。これからの人生で、高木さんは自分でそれをしていかないといけないんだ。

23: 2018年3月17日(土)
新しいことに向かってキラキラしてるひなちゃんと、不安を直視できなくて停滞してる高木さんの対比がすごい

24: 2018年3月17日(土)
若い頃の国分先生の「努力は自身の為」。
原作にはない、雪景色に本を片手に振り返ると、新雪に一歩一歩の足跡。
ひなちゃんや、ちほちゃんや、零くんが歩んでいる一歩一歩を、思い起こさせる。
息が白い雪の川岸だけど、印象深かった。
高木さんには、いつか届くんだろうか。

25: 2018年3月17日(土)
一度傷つけられたらその傷は見えなくても痛むんだよ。僕も見えない傷に苦しめられている。どこかでいつも恐怖を感じている。一人でも多くの人が傷を負わず負わさずに生きていってほしい。

26: 2018年3月17日(土)
空っぽな高城と、頭の中のきれいなものが溢れて止まらないひなちゃんの対比。
「高城」はどこにでもいる。ツイッターにもいる。きらきらしてる人を見ると攻撃せずにはいられない、「それのどこが悪いの?」と空虚な笑いを浮かべる人たち。
戦う武器は、きらきらした何かしかない。

27: 2018年3月17日(土)
凄いな、国分先生。あそこまで「お前には何もない、でもそこからが始まりだ」なんて中学生にズバッと言える先生、いないだろうな。自分のときもいなかった。(苦笑)

28: 2018年3月17日(土)
クスってなるところと、あったかい気持ちになって涙が出てしまうようなところと、黒い何かが押し寄せてきて覆われてしまうようなところと、そんな黒い闇からキラキラして綺麗な光を照らしてくれるようなところと・・・25分間で気持ちがあっちいったりこっちいったり忙しいけど好き

29: 2018年3月17日(土)
高城さんのいじめは、不安と倦怠と嫉妬から始まっているのかな。自分はもしかしたら思っているよりダメな存在かもと不安だから、それよりダメそうな人をいじめてあの人よりマシだと確認したい。逆に、自分より光って見える人に嫉妬があって貶めたい。

30: 2018年3月17日(土)
碧ちゃんの演技は毎回ほんとすごい。リアルだなって。そして国分先生、名言をありがとうございます。

1000: オススメの人気記事
引用元:ツイッター
おすすめサイトの人気記事

この記事のコメント

コメント一覧

    • 1. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月18日 00:30 
    • >>さぁ次は妻子捨男かぁ…しんどいぞ…

      もうやる尺が無いよ
      そこまで行くには3期がないと
    • 2. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月18日 04:57 
    • 三姉妹久々に見る気がする。 ね?簡単でしょ? サンキューちほちゃん…
      ちほちゃんは今も戦っているのだ… 先生は大変だなぁ…
      本来は定時は告知する必要ないんだよな…
    • 3. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月18日 22:12 
    • NHKでセーターを見るとは……
      3月の本ってなんか少ないんだよなぁ
    • 4. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月19日 14:48 
    • 多分受験終わって入学が最終回になるかな

コメントの投稿

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ