サブカル系のファンブログ。アニメ・漫画・ゲームの感想やニュース等をまとめています。最新話のネタバレにはご注意を!

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)】42話感想 スターダスト・ロードの導き
遊戯10
遊戯01遊戯02
遊戯03遊戯04
遊戯05遊戯06
遊戯07遊戯08
遊戯09遊戯11
遊戯12遊戯13
遊戯14遊戯15

1: 2018年3月7日(水)
今週、リボルバーさんマジ主人公じゃね?

2: 2018年3月7日(水)
親父が危篤になったらそらデュエルも中断するわな

3: 2018年3月7日(水)
ライバルを倒すために親から力を託される王道展開 
まさか 敵側のリボルバーがやるとはな
もう どっちが主人公なんだか

4: 2018年3月7日(水)
鴻上父子義理の親子かなあと思ったけど この感じだと実の父と息子っぽい

5: 2018年3月7日(水)
今回も内容が濃かったです…
肩抉れたり腕…腕なくなったの最高だった…

6: 2018年3月7日(水)
主人公力を高めた後はヒロイン力を高めにきたリボルバー

7: 2018年3月7日(水)
ほんとこいつ引き分け好きだな

8: 2018年3月7日(水)
プレイメーカーとリボルバーのスピードデュエルって2回とも引き分けだけどこれ2回ともリボルバーがそういう風に流れ持ってって相打ったんだな

9: 2018年3月7日(水)
腕は二人とももげるわ AIちゃんはスパダリになって退場と思ったら生きてたし リボルバくんの本名と素顔バレ来るし 鴻上博士は心停止するし 最後引き分け爆発オチだったし 詰め込みまくりだったわ

10: 2018年3月7日(水)
今更だけど、Ai=イグニスがやたら遊作を相棒相棒と連呼していたのは、「遊作にとってAiは『もうひとりの僕』」のフラグだったのか。遊戯王知識がいるフラグ。

1000: オススメの人気記事
11: 2018年3月7日(水)
前半の身を削った遊作の特攻と見かねて自分の本来の実力を出してフォローするAIはようやく二人の関係が一歩進んだように見えて凄い良かったです。罪滅ぼしだ、とAIが自分から言っているあたり、後ろめたい物もあったのかな、と。ようやく奴の本音の一端が見えた気がします

12: 2018年3月7日(水)
大変熱い回だった…
そうか、彼はそんな名前なのか…

13: 2018年3月7日(水)
ラスボスとサブライバルキャラに「りょう」って名前つくジンクスを感じるけど今回はライバルが「りょう」枠か ラスボス:獏良了 サブライバル:丸藤亮 サブライバル兼ラスボス:神代凌牙 ライバル:鴻上了見

14: 2018年3月7日(水)
今週のリボルバー様、
父さんが出てきて最期の力をくれる→逆転BGM→ストームアクセス→新エース召喚→決着
の流れだけ見ると仲間がいない遊星さんだこれ

15: 2018年3月7日(水)
今回凄いなと思ったのが後半のリボルバー関連の演出。リボにはAIがいないから当然遊作のような芸事はできないんですが、それでも父親が彼に味方する場面からは確実に彼を主人公として描いてるなって。それはリボルバーを上手側(画面右側)に配置した辺り意図的なのが見えて面白かったです

16: 2018年3月7日(水)
補足なんですけど、演劇の演出原則として上手側(画面右側)って主人公や善玉、メインキャラクターを配置する方向なんですね。遊戯王でもそれは当てはまって、敵は左側、主人公は右側配置なんですけど、今回のリボさんは完全に右側に配置されていたという

17: 2018年3月7日(水)
来週のVRAINSは重要な回になりそうだね

18: 2018年3月7日(水)
時より夜光虫が発光する海を目の前にした崖の上に佇む邸宅
追い求めた敵はそこにいた
いよいよ明らかになるロスト事件とイグニスの関係
真実を知った遊作が取る行動とは?
行こう草薙さん、リボルバーの所へ
次回遊戯王VRAINS「イグニスの誕生」Into the VRAINS!

19: 2018年3月7日(水)
来週の作監Nohさんかな
作画よさそうだしなんか第1章完結って感じの次回で良いぞ良いぞ
おらワクワクしてきたぞ!

20: 2018年3月7日(水)
次回オフ会は笑う

21: 2018年3月7日(水)
次回ついに ゆうさくとリボルバーが生身で初対面する回なのに
さっそく オフ会呼ばわりされてて 草生える

22: 2018年3月7日(水)
オフ会に保護者(草薙さん)同伴ということはリボ様がカフェナギの常連だととうとうバレてしまうのか

23: 2018年3月7日(水)
来週よお、常連客が実はリボ様だったんだテヘペロ☆で一番ビックリすんの草薙さんだからな

24: 2018年3月7日(水)
次回の遊戯王はつまり実は家が意外と近くだったり用事で近くまで行くんでリアルで会いましょうって事だな
なんだオレらか

25: 2018年3月7日(水)
コードたくさんあるところでリボさん泣いてたんだけど…元気の出る魔法のホットドッグ食べて…

26: 2018年3月7日(水)
しかし現実で会うとなると、ハノイの塔はどうなるんだろう?

27: 2018年3月7日(水)
そういえばハノイの塔はどうなったんだ…
他の衝撃的な出来事が多すぎてそれどころじゃなくもないような感じだけれども

28: 2018年3月7日(水)
これは遊作を励まし続けた声の主も来週分かるのかな
リボルバー様だったら驚きの声変わり

29: 2018年3月7日(水)
実験に気づいて、少年たちの助けになろうと言葉をかけたのでは?

30: 2018年3月7日(水)
草薙さんも深く関わってくるの楽しみすぎる

1000: オススメの人気記事
引用元:ツイッターhttps://twitter.com/?lang=ja
おすすめサイトの人気記事

この記事のコメント

コメント一覧

    • 1. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月07日 19:51 
    • aiは黒幕判明するかと思ったけど良い相棒になりそう
    • 2. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月07日 20:40 
    • 真ゲスの例があるからaiは信用できん
    • 3. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月07日 21:21 
    • リボルバーの本名が思っていたよりダサい(笑)
    • 4. 匿名
    • 2018年03月07日 21:39 
    • いよいよ明らかになるロスト事件とイグニスの関係が判明する。リボルバーとの決着がついた遊作は現実世界に戻り、リボルバーの場所へ進む。「LINK VRAINS」で生き残ったのはPlaymakerとリボルバーの2人、その2人がロスト事件の真相がいよいよ明らかになる。スターダスト・ロード海が発行する海は実は究極のサイバース族リンクモンスターが眠っている唯一の所が遂に新たな時代に突入する。
    • 5. 匿名
    • 2018年03月07日 22:17 
    • ■イノベーター
      神木落胆/Godliness
      伊吹照星/Patience
      水無恵離水/ヴェスパー
      スペクター → 岩村露/イェーガー
      草薙仁/オルペウス
      藤木遊作/Playmaker
      ■ミゼル
      ユーロ
      メリア
    • 6. アニはつの名無しさん
    • 2018年03月07日 22:26 
    • この人中断好きだね、あと遊星と蟹パパみたいだな…
    • 7. ZERO
    • 2018年03月09日 19:33 
    • 決着がついたPlaymakerとリボルバーは引き分けで終わりを告げた。他の犠牲者は70000人以上の者達は迎えた。残った2人はログアウトさせられ遊作とリボルバーは正体を見せ合う。「デストラクション」通称「ハノイの塔事件」の後、SOLテクノロジー社が極秘プロジェクトを実行する。そして、サイバース世界のイグニスが現実世界の被害者に契約を結ぶ、遊作は新たな仲間、草薙翔一と同じ被害者遺族の神河陽介と手を組む。ロスト事件の被害者が13年の因縁で出会い出す。6人の天才「ミゼル」が頭脳戦を繰り広げる。各国の諜報機関がSOLテクノロジー社の極秘プロジェクトに参加しイグニス対策本部を組織する。闘い舞台はスターダスト・ロードで行われる。イグニス本来の姿はスターダスト・ロードに導いた時、究極L(リンク)モンスター〈ゼロスエフェクト〉を降臨する。史上最大のバトルロイヤル事件が開始する。SOLテクノロジー社の新任セキュリティ部長に特任した伊吹英誌は「ミゼル」の一人で粛清の天才と呼ばれている。ハノイの騎士の新リーダー・簑原凪はスペクターの後継者でありリボルバーの意思を受け継ぐ男。安室玲奈はスパイ組織の特命捜査官で諜報機関の犬。神河宗次郎はミゼルの敬神を務める。草薙仁と藤木遊作の6人が運命で団体戦を仕留める。
    • 8. ZERO
    • 2018年03月09日 19:39 
    • ■ミゼル
      神河宗次郎/Godliness
      伊吹英誌/Purge
      安室玲奈/Billboard
      草薙仁/Recreation
      簑原凪/Sterben
      藤木遊作/Playmaker

コメントの投稿

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ