サブカル系のファンブログ。アニメ・漫画・ゲームの感想やネタバレ、ニュース等をまとめています。

【スロウスタート】3話感想 なみだのぽろぽろ
スロウ01
スロウ02スロウ03
スロウ04スロウ04-1
スロウ05スロウ06
スロウ07スロウ08

 2018-01-21 01:01
癒されるには癒されるけど浪人がバレそうでヒヤヒヤするなあ
 2018-01-21 00:59
単なる癒し枠ではなくて時折の切ない感じがたまらない
 2018-01-21 01:00
原作よりたまちゃん明るいところが強調されてるというか行動にためらいがなくなってるな
 2018-01-21 01:00
花名ちゃんは一個上なこともう言っちゃったらって思うけどまぁあの歳なら怖いだろうな…
 2018-01-21 01:01
留年したり浪人したりして1つ年違っても関係ないよ。元から知ってたらなともかく初対面から1つ歳違う同級生とか全く分からない。所詮1年しか差ないからね。
 2018-01-21 01:01
1話はまったりすぎてどうかなと思ったけど…もう最高ですね
 2018-01-21 00:59
相変わらず温かい…あとEDラストは今週はたまちゃんでしたか。あと相変わらず動くねぇ。
 2018-01-21 00:59
スロウスタート3話、正直最高以外の何を言えばいいのか分からなくてどうしようもない。
みんな可愛いんだけど、花名とたまてのペアが個人的にベスト。
でもお母さんの言葉にホロリとしかけたし、可愛さ以外の部分も多幸感もヤバい。ほんと素晴らしきアニメだ……。
 2018-01-21 00:59
終始ニヤニヤしまくってたわ
日常系ながらもどことなく影がある雰囲気が好き
 2018-01-21 00:59
花名ちゃんが自分から言うパターンになるのか、何かの拍子でたまちゃん達が知ることになるパターンなのか


1000: オススメの人気記事
469: 2018年1月21日(日)
主人公暗すぎというか重すぎない?

470: 2018年1月21日(日)
同い年で泣いてしまうというのが何とも・・・・
今はまだ17歳の女子高生
おかしなところは何もないけど
いずれ19歳の女子高生になるんだよな
退学すれば話は別だが

471: 2018年1月21日(日)
癒されました

472: 2018年1月21日(日)
彼氏連れかよ笑った
たまちゃん面白いわ

473: 2018年1月21日(日)
作画が良いのはもちろんだが、演出も良いよねこれ
なんかちょっと感動しちゃったよ

475: 2018年1月21日(日)
ほんとよー動くなこのアニメ
えーこのガチっぷりが面白い

476: 2018年1月21日(日)
はなちゃんに愛を感じる

477: 2018年1月21日(日)
やっぱり長縄まりあの声は最高なんじゃ~

478: 2018年1月21日(日)
1年遅れのせいかいつものきららアニメとはちと違う独特の雰囲気あるな


479: 2018年1月21日(日)
えーこちゃん、自然にハーレム作りそうな勢いだな。

「これで同い年ですね!」
何気ない台詞なのに花名には重すぎる一言なんだよなぁ…。

482: 2018年1月21日(日)
完全に優しい世界だなイイぞもっとやれ!!
えいこちゃん天然たらしめ
1話見た時は赤座あかりちゃん化しそうだった花名ちゃんも
今やすっかり溶け込めてそこそこ存在感示せてほっこりするわ

483: 2018年1月21日(日)
ポロポロ泣くなよ。
まじでこの設定誰得なんだ。

484: 2018年1月21日(日)
ああもう正直に言っちゃえよぉぉ

487: 2018年1月21日(日)
嬉し泣きと勘違い?されてるのがまたツライ…

488: 2018年1月21日(日)
はな「悪い、浪人やっぱつれぇわ……」

489: 2018年1月21日(日)
もうちょっと、ギャグ要素欲しい。

490: 2018年1月21日(日)
はな×たま、えーこ×かむりのカップリング鉄板かな(*´Д`)ハァハァ
えーこちゃんが居ない時は大人しい花名ちゃんでさえかむりちゃんに対して攻めになってたのがたまらん

491: 2018年1月21日(日)
主人公が秘密持ち
4人仲良しグループ
ほっこりする日常系
あれ?このパターン前期も見た気がするぞ!!
いつ明かすんだろう、明かさないままなのかなー

494: 2018年1月21日(日)
あまり話題に上がってないけど、地味に今期で一番楽しんでるなあ
OPも含めて本当に良く動く
浪人の件あるから、普通のきららと違って少し危うい感じだけど、それも含めて好きだな


1000: オススメの人気記事

引用元:http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/anime/1515915992/

おすすめサイトの人気記事

このページのトップヘ