アニメ・漫画・ゲーム等の、オタク関係の記事や感想をまとめたブログです。 各記事には自分主観のあらすじや所感を入れております。

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)】32話感想 ハノイの塔
遊戯04
遊戯01遊戯02
遊戯03遊戯05
遊戯06遊戯07
遊戯08遊戯09

 2017-12-20 18:59
ううう…ブルエン…生き残って欲しいけど…ううう
 2017-12-20 18:57
アニメ久しぶりに見たら面白かった
これを機に最初から見ようかな
てかブルーエンジェルかわいい
 2017-12-20 18:53
ブルーエンジェル頑張って~!負けないで!!(>_<)
 2017-12-20 18:53
スペクターって
植物使いだったのか!
植物使いの俺としては楽しみ
 2017-12-20 18:55
遊作に仲間ができてちょっと安心しました……(保護者並感)
 2017-12-20 18:55
北村さん良いキャラだった。
とりあえずもっとデュエルが見たいです。
 2017-12-20 19:01
LVを管理している北村さんが丁寧にフラグを積み重ねた結果綺麗に落ちたのはある意味凄かったですね。スペクターが久しぶりに出てきましたが、リボルバーに対する忠誠は本物のようだったのは意外でした。組織とか関係なくもうちょっと好き勝手に動いてるキャラかな?と思っていたので
 2017-12-20 19:00
スペクターさんがリボルバーさんと兄弟ということはあるまいか。記憶喪失の遊作が本名不明ゆえにリボさんと兄弟説もあるけど、個人的にスペさんが気になってる。実は現実の黒リボくん?と白リボくん?は別人で、どっちかスペさんとかどーよ
 2017-12-20 19:03
リンクヴレインズ、定期的にログアウトできなくなりすぎでは
 2017-12-20 18:54
スペクターとブルーエンジェルは因縁あるし
リボルバーとプレイメーカーは主人公とライバル関係だけど
GO鬼塚は誰と戦うんだ?
スポンサーリンク

1000: オススメの人気記事
 2017-12-20 18:54
もしかして今年の年末落下はブルエンでは
 2017-12-20 18:54
いきなり葵ちゃん脱落なんてな、はははそんなまさか
 2017-12-20 19:02
ブルエンさんまで消えたら、リンクブレインズから女ッ気が(だから勝つ!w
 2017-12-20 19:01
草薙さんのポエムフェイズ

かつて読み聞かされた絵本に、少女の心は奪われた。
強がって孤独を好むが、 内心は淋しさで泣いてばかり。
そんな主人公に彼女は自身を重ねることで、初めて自分を肯定できた。
その絵本の名は「ブルーエンジェル」
 2017-12-20 18:53
青い天使の涙で葵ちゃんとかけてるよなこれ絶対
784: 2017年12月20日(水)
来週まで引っ張ったか

790: 2017年12月20日(水)
植物族のリンクってヴレインズパックで出た一枚以外にあったっけ

798: 2017年12月20日(水)
植物族ってアキ以降誰がいたか覚えてない

813: 2017年12月20日(水)
>>798
ゼアルだと璃緒と戦ったモブの華道部の女の子が植物族だったはず
スポンサーリンク

818: 2017年12月20日(水)
>>798
そうだARCVのことなど忘れるんだ

847: 2017年12月20日(水)
>>818
ユーリがおったな

799: 2017年12月20日(水)
ヴレインズのアニメテーマってキモカッコイイ系多いよな
そこは本当に良い

689: 2017年12月20日(水)
キタムラアアアアアア!ゲスいぞキタムラアアアアア!

690: 2017年12月20日(水)
おいデュエルしろよ

703: 2017年12月20日(水)
北村とかいうハノイに寝返ろうとするもデュエルすらまともに描写されることなく退場した小物の鑑

693: 2017年12月20日(水)
スペクターさんキモすぎてデッキもキモかっこよくて好き

696: 2017年12月20日(水)
>>693
1話でめっちゃキャラ立ててきたねスペクターさん
なかなか悪者らしくていい

697: 2017年12月20日(水)
北村がLVの終わりを悟った瞬間ハノイに寝返ろうとしてて草
デュエル省略されて残念だったけどデッキどんなの使ってるんだろうな そもそもデュエルできたのか?

698: 2017年12月20日(水)
今回のOCG改定で綿毛とローンファイア制限強化とかあったから
スペクターが植物族使いならそれで帳消しできるかもな・・・・といいな
スポンサーリンク

1000: オススメの人気記事

引用元:http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/anime/1512554008/

おすすめサイトの人気記事

このページのトップヘ