アニメ・漫画・ゲーム等の、オタク関係の記事や感想をまとめたブログです。 各記事には自分主観のあらすじや所感を入れております。

【弱虫ペダルNEW GENERATION】3期23話感想 坂道、追撃
ペダル

 2017-06-13 02:10
去年と同じように集団の先頭で立ちはだかる御堂筋くん。御堂筋の罠を直感でか回避したけど、御堂筋くんはザクの忠誠心を確かめる為か山口くんを送り出してって去年よりも容赦なさがすごい。レーズ前ははしゃいでたのにここでずっと黙ってる小鞠が不気味で怖い。
 2017-06-13 02:10
うぉ〜!!弱ペダ見直しで、めっちゃ最初から手嶋さん出できた…(ノ∀\*)髪縛ってる…ワイシャツかっこいいな…目が大きい…💚💚
 2017-06-13 02:09
小野田くんが追いつくのはもはや目に見えてるのでどちらかといえば手嶋さんの頑張りが気になる
 2017-06-13 02:08
一回は最下位落ちないと行けないのか
坂道は
 2017-06-13 02:09
坂道君見てると常に応援したくなる
 2017-06-13 02:09
えっと…
エンドカード変わったね、今このタイミングで…で、来週山岳決着?
え?来週24話…え?そんなとこで終わる?え?これって…
1期と同じ、3クール目いくんですかぁぁぁぁぁっ?!!!?
 2017-06-13 02:11
3クール目行かないかなぁ|ω•)チラッ
1期のときみたいに、OP総北ED箱学で歌わないかなぁ|ω•)チラッチラッ
スポンサーリンク

 2017-06-13 02:07
本気モードのあの歌が入った(≧▽≦)
 2017-06-13 02:05
Aパートでゆかりんにきゃー!(*´▽`*)ってなってBパートで遊佐さんにぎゃー!((( ;゚Д゚)))ってなってCパートでまたゆかりんにきゃー!ってなった忙しい回
 2017-06-13 02:07
新しい挿入歌、めちゃくちゃ笑ったけどヒーメヒメに叶うクライミングソングは無いわ 笑
 2017-06-13 02:05
恒例のヒメヒメも2期に入りパワーアップ、坂道くんも2年に上がりパワーアップ。そこに御堂筋くんも加わり混沌としてた。
 2017-06-13 02:07
小野田くんの凄さはもちろんだけど手嶋くんの気配りにやられました
 2017-06-13 02:07
来週のタイトル「雑草の走り」って手嶋さんくるやつかな…😭💚💚楽しみだ…!!
 2017-06-13 02:06
小野田くんのヒメを歌いながら走るのに鼻歌クライムって名前付いてたんだなw 集団を抜けたとこで京都伏見がいたけど、御堂筋が小野田くんをただ止めるのではなく揺さぶって利用しようとしたのは流石だった。それと山さんに少しスポットが当たってたけど今後も絡んでくるのかな?
 2017-06-13 02:08
最下位転落から集団追い抜くのは意外とあっさりしてた。クライマー出してないからって敬意を払ってくれてなかなか紳士的。集団を追い抜くってことは京伏とのエンカウントもあるわけで妖怪度をさらに増した御堂筋くんがお出迎えとか見どころが多い。
 2017-06-13 02:05
小野田が歌いながら登るということは知れ渡ってるんだな。二期の主題歌、ちゃんとオタクも続けていて安心(…でも凄い体力)お人好しではあるんだけど、御堂筋との協調には…あれも勝負感のたぐいだろうか。京伏には御堂筋に意見できる者がいないんだな…
 2017-06-13 02:05
高身長に憧れる低身長メンバーっていう可愛い絵面ではあるけど先の展開知ってると辛辣。
 2017-06-13 02:04
ヒメ見てるの坂道くんかと思ったら今泉くんだったww相変わらずハマってるのか^^;
スポンサーリンク

976: 2017年6月13日(火)
見事小野田の布教にハマってしまったヲタ泉くん

986: 2017年6月13日(火)
今泉君観てたのかよw
小野田のせいで今泉はオタキャラに成ってるな

8: 2017年6月13日(火)
これがあるから弱ペダ油断できねえわw

9: 2017年6月13日(火)
やっぱこのアニメは小野田がヒメヒメ歌いながら走ってる時が一番面白い

19: 2017年6月13日(火)
>>9
原作だとまたかってなるけどアニメだと映えるんだよなw

10: 2017年6月13日(火)
今日は本編もCパートも面白かったわ

14: 2017年6月13日(火)
公式クソコラが見られるのは弱虫ペダルだけ!

27: 2017年6月13日(火)
ヒメの影響を受けてるのて今泉と田所だったけ?
鳴門はあんなり影響を受けてなさそうだけど。

26: 2017年6月13日(火)
ヒメ単独アニメ化しないかなぁ
スポンサーリンク

1000: オススメの人気記事

引用元:2ch.sc

おすすめサイトの人気記事

このページのトップヘ