アニメ・漫画・ゲーム等の、オタク関係の記事や感想をまとめたブログです。 各記事には自分主観のあらすじや所感を入れております。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期23話(48話) 『約束』 感想
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_037

 2017-03-19 18:01
こんな世界嫌だ。もう嫌だーーー
 2017-03-19 18:01
チャドかと思ったらそっちかよ!
 2017-03-19 18:01
もう…あーあ…オルガ氏んじゃったよ。でもライド守ってたね。すごくカッコよかったです。チャドさん肩大丈夫…?ああ、これからってときに何てこったい…。誰だよあの集団。ギャラルホルンか?とりま全員氏ねばいい。三日月、拳銃返してね、ってゆー約束はダメかもしれない
 2017-03-19 18:01
中間でオルガフラグ立ちまくってて覚悟したけどさ、まさか、まさかさぁ…
一話で回収しなくても…😭😭
 2017-03-19 18:01
「持ち上げて落とす」「フラグは回収する」って事をしっかりとやってくるアニメだよなぁ(褒めてない)
 2017-03-19 18:01
待って…。まだ信じられない。指が震える…。タカキとアジーが出て来てやったー!!!!って思ってたとこにオルガ…………。
 2017-03-19 18:01
立て続けに大事な人が氏んだところからせっかく立ち直って弟分たちに助け船を出してやろうと思っていたアジーさんたちも、オルガが同じように氏んだなんて聞いたらさあ…
 2017-03-19 18:03
まずオルガは団長として顔が知られてるんだから変装なりして自分を隠す必要があったんだよ。団員も分かりやすい団服着るんじゃなくて…トントン拍子すぎたんだよ
 2017-03-19 18:01
来週どうなるんだこれ
 2017-03-19 18:01
もしオルガを襲ったのがマッキーの指示なんてことだったらぶちころがすぞ(`・ω・)
スポンサーリンク

 2017-03-19 18:01
マクギリスがオルガ頃せば三日月を取り込めると思ってこんなことしたんだろ
 2017-03-19 18:01
心臓撃たれてないならオルガ生きれるかもよ…
来週のミカが怖い…展開が読めないね…
 2017-03-19 18:01
イオク様はぜったいに生きてるって確信が持てる
 2017-03-19 18:01
イオク様が生き残って団長が氏ぬのは筋が通ってない気がしてならない
 2017-03-19 18:01
ラスタルマッキー相打ちでイオク様がギャラルホルンの頭領になりそう
 2017-03-19 18:04
ビスケットが散り、シノが散り、そしてオルガが散った。鉄の華ってのは散らないんじゃなかったのかよぉ!
 2017-03-19 18:01
オルガ団長のいる場所が鉄華団のいる場所ってことは、もうこれさぁ……
 2017-03-19 18:04
ただオルガが居なくなった状態のミカにはとても興味あるなぁ。どうなるのかなぁ。もう誰も止められる人いないわけで。
 2017-03-19 18:01
ミカが自分の選択をする上でオルガは邪魔でしかないんだよな………だからいつかミカの選択のためにオルガは氏ぬと分かっていたけどそれでも辛いものはつらい
 2017-03-19 18:04
オルガのいない世界で生きる気ないからもうバルバトスから降りる気もなくて今度こそ本当に全部捧げて本来の力得るんだわ
スポンサーリンク

おすすめサイトの人気記事
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_002機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_003
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_004機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_005
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_006機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_009
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_010機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_011
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_012機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_013
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_014機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_016
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_017機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_018
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_019機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_020
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_021機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_022
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_023機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_024
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_025機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_026
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_027機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_028
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_029機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_030
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_031機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_032
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_033機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_034
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_035機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_037
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_038機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_039
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_040機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ_48話_041

84: 2017年3月19日(日)
タカキ最高ふぉおおおお!!!
アジーさんかっけえええええ!!!!からのこれかよ…畜生かよ!
バエルカッコイイけどイオク頃せよ!!

21: 2017年3月19日(日)
命令無視で突っ込んだイオクは生存、オルガは氏亡っていい加減にしろよ
何で敵だけ補正あるんだよ

79: 2017年3月19日(日)
>>21
いつもいつも主人公サイドが主人公補正あったら敵さんやってられないだろ
この作品は敵側に主人公補正をつけただけだよ

115: 2017年3月19日(日)
あのさあ…ラフタの先例があるんだから
もっと警戒しろよ…
追われてる身だって分かんだろうが…

118: 2017年3月19日(日)
何で御尋ね者が街中で制服着てるの。変装とか考えないのかよ

23: 2017年3月19日(日)
イオク様が特効したおかげでオルガが抜け出せてその結果氏亡
やっぱイオク様って対鉄火団としては有能なんじゃ

18: 2017年3月19日(日)
フラグ立てるの雑すぎるしすぐ回収ってなんやねん
下手すぎるだろ・・・

72: 2017年3月19日(日)
>>18
後から考えたらあれがフラグだったんだなぁ…、ぐらいが丁度いいのにね
露骨過ぎて萎えるわ

301: 2017年3月19日(日)
タカキとアジー&エーコのタービンズ健在で
協力してくれる強力な助っ人である事が確認出来たのは良かったんだけどな

30: 2017年3月19日(日)
これもうミカさんが生き残る理由がないな

42: 2017年3月19日(日)
あーこりゃラスタル氏ぬわ
三日月怒らせるのが1番悪手なのに

28: 2017年3月19日(日)
これ三日月ブチギレ&殿役で
他の団員助かる三日月氏亡で終わりやろ…
スポンサーリンク

70: 2017年3月19日(日)
ヒットマン最強かよ

144: 2017年3月19日(日)
>>70
まあ893モノだからな

89: 2017年3月19日(日)
ガンダムなんだからせめてモビルスーツか戦艦乗ってる時に沈めろや
戦闘外で無駄にキャラ退場させすぎ

65: 2017年3月19日(日)
ホント任侠映画みたい

129: 2017年3月19日(日)
>>65
岡田マリーは元々Vシネ出身だぞw

757: 2017年3月19日(日)
ロボアニメはロボ戦で命使わないと勿体無い気がすんだよな
つくづく女性脚本家だなあと思う

34: 2017年3月19日(日)
事務所がマークされてるのは当然やけど、銃撃かいな
そしてイオク様はさすがしぶとい
マッキーは姿くらましてラスタル狙いか、でも来るってバレてるのにどうやるんだ

107: 2017年3月19日(日)
>>34
MAを掘り起こすんじゃないの

52: 2017年3月19日(日)
バエルはやっぱり強いんじゃね?
Wのエピオン並にチート化したかも

122: 2017年3月19日(日)
マッキー普通にいいやつだったなw
犠牲にしてMAとかいってたやつwww

285: 2017年3月19日(日)
ヒットマン雇ったのマッキーだろ、オルガ頃してミカの力を解放させるってことだろ

749: 2017年3月19日(日)
ミカ「オルガのやりたいことが俺のやりたいことだ」
マッキー(・・・オルガが邪魔だな)

696: 2017年3月19日(日)
マッキーの奥の手は発狂したミカや
MAやない
オルガ依存なところでしびれを切らしたな

306: 2017年3月19日(日)
三日月が自分で何を決めるかは少し楽しみだわ
ブチギレ大暴れじゃみんな氏んでしまうだろうしな
連装砲AAその4

ミカの銃受け取った時点でオルガにフラグ立ったけど、この展開は予想外だ・・・
もしオルガ襲撃がマッキーの差し金だとしたら相当な策士だな
絶対ミカさん暴走しちゃうよ・・・残り2話どうなるんだ




スポンサーリンク

1000: オススメの人気記事

引用元:2ch.sc

おすすめサイトの人気記事

このページのトップヘ